大西英男(江戸川区)家族や息子(洋平)も議員?やじ失言集まとめ!

最近の政治家問題について

不用意な発言や出所不明の

証拠物など色々問題となっておりますが、

自民党の大西英男衆議院議員が

また問題発言をして炎上している模様ですね!

 

政治家の問題発言ってあげるとキリが

無さそうな感じですが政治に関して

そんなに詳しくないぼくでも今回の大西議員の

やじに関してはちょっとさすがにそれはないと思いましたね^^;

 

そこで今回はSNSで炎上している大西議員について

家族の息子が逮捕?というキーワードなどが

ありましたのでどんな内容などかについて

分かる範囲で調べてみました、

そして過去の問題発言についてまとめてみたした

ので一緒にチェックしていきましょう!

スポンサードリンク

大西英男議員の経歴やプロフィールは?

出身: 東京都江戸川区松島

誕生日:1946年8月28日

出身大学:國學院大學法学部

所属政党: 自由民主党(細田派)

 

簡単に経歴について、、

 

1970年ー 大学卒業後に島村一郎(元自民党衆議院議員)公設秘書

1984年– 最年少で、江戸川区議会議長に就任

2003年– 東京都議会自民党幹事長

2006年– 自民党参議院比例区支部長就任

2007年ー 自民党東京都連副会長就任

2012年
7月- 自民党東京都第十六選挙区支部長に就任
12月- 第46回衆議院議員総選挙で東京16区に初当選。國學院大學初の衆議院議員となる

2014年
12月- 第47回衆議院議員総選挙で東京16区に出馬し、再選

 

最年少で江戸川区の議会議長に就任や、

國學院大學初の衆議院議員になるなど、

江戸川区出身ということもありホント地元の

スター選手のような感じですよね!

 

主な活動や主張について調べてみると、、

 

・住宅密集地での防災対策

・ふるさと納税による都心部の税収減について

・花粉症対策

・待機児童対策・介護対策

 

などなどありました、

住宅密集地の防災や介護問題など

高齢者に対して手当を良くするように

促したりしている一方で、

今後の国際情勢によっては

日本の核武装も検討すべきと言ってるみたいですね。。

 

 

「がん患者は働かなくていい」の問題発言とは?

今回の問題発言について触れていくと、、

 

 受動喫煙対策について話し合った自民党の会合で、

三原じゅん子参議院議員が飲食店での受動喫煙対策の徹底を求めて、

「働きながら治療するがん患者は店を選べない」と訴えた際に大西議員が「働かなければいい」と発言したという。

 

この発言に対して大西議員は、、

 

「指摘されたような趣旨の発言ではない」「誤解を招き不徳の致すところだ」などと説明している模様。

 

しかし、がん患者の団体から批判があり、

SNSでもかなり炎上しています、、

 

 

がん治療に生活費を削って働いている

方がいるので働かなくていいという発言は

じゃあどうやってやりくりしていけばいいんですか?

 

っていう反論が多いようですね、

確かにそれだったら大西議員もがんになったら

辞めてくださいなんてコメントも多数みられました^^;

 

しかし一方でこの報道の仕方に対して

揚げ足を取るような報道の仕方でじゃないの?

 

という味方をしている方少なからずいる模様ですねw

 

坂上忍さんも

「自分たち喫煙者側にとっても、いい迷惑だから、黙っていて欲しい」

というように喫煙者側からの反発も多いようですね、、

 

オリンピックに向けて喫煙に対する

あり方が最近よく話題になっているが

愛煙家の方からすると吸えなくなるのは

かなりのストレスですよね(TдT)

 

こういった発言が多くなるとマナーをちゃんと

守って吸っている人までとばっちりが来そうで怖いですね。

 

スポンサードリンク

 

大西英男議員の次男(息子)も議員?

大西英男議員の次男である、

大西洋平さんは江戸川区議会議員を務めて

いるようですね。

 

関連キーワードに「息子逮捕」!?なんて

あったので調べてみたら恐らく他の名前が近い

議員と勘違いして検索されたようでしたので

大西洋平さんとは関係ないみたいですねw

 

イケメンで爽やかない印象ですので

お父さんに毒されないようにしてもらいたいですね笑

 

大西英男議員の過去の問題発言・野次まとめ!

過去にも色々問題発言をしているようなので

調べてまとめてみましたw

 

「まず自分が子どもを産まないとダメだぞ」

これはなんか聴いたことありますよねw

 

2014年4月の衆議院総務委員会において、

上西小百合さんの質問中に放った発言ですが

その後の取材に対しても「記憶がない」など言って

ましたね^^;

 

この時から「野次将軍」というあだ名が付いてたみたいですw

 

 

「巫女のくせに何だと思った」

「巫女さんを誘って札幌の夜に説得をしようと思った」

「私は神社関係を中心に回ったが、私の世話を焼いた巫女さんが20歳くらいだった。投票が初めてだということだから、ひとつ口説いてやろうと思った」

 

この時も。発言に対して意味がわからないし

誠に不適切な発言だと批判を浴びておりました!

 

その辺の酔っぱらいや親戚のおっちゃんのような

発言で若干親近感が湧くような感じもしますが

議員という立場なのでこれは無いですねw

 

女性にとってはこんなこと言われたら嫌だし、

場合によってはセクハラと言われてもおかしくなさそう^^;

 

 

 

スポンサードリンク