田島大樹(野球)のドラフト評価や評判は?出身中学や経歴も!

皆様お疲れ様です(^_^)v

 

昨年の健診時に胃カメラ検査をした際に、

「十二指腸潰瘍」と診断され、

ピロリ菌の影響によるものだと言われました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

まあ薬で除菌出来るのですが、

薬を飲むのが嫌だった為

それ以降気を付けてヨーグルトを食べたり、

乳酸菌飲料を飲むようにしています(^○^)

 

一番良いのは「LG21」と言うヨーグルト

なんですが、

最近色々なものを試しています!

 

R1ヨーグルト ビックル ダノンヨーグルト

マミーetc

 

その中で最強だと思ったのは「ピルクル」です!

 

乳酸菌飲料なのですが、

65ml中に150億個の乳酸菌が

入っているそうです!!

 

150億って・・・

 

それも基本売っているのは500ml

もしくは1Lのパックです(^^;;

 

500mlでも軽く1100億個を超えている訳です(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

もはや訳分からないですね(^_^*)

 

あの容器の中に1100億個以上・・・

 

通勤の満員電車とかいうレベル

じゃないですよね(笑)

 

そんな「ピルクル」を定期的に飲みながら、

腸内環境も含め健康になっていけば

と思う今日この頃です(^_^)v

 

さてそれでは今回はドラフト候補から

「田島大樹」選手にスポットを当てて

ご紹介したいと思います ♪

スポンサードリンク

田島大樹選手のプロフィールや経歴は?

 

 

氏名:田嶋 大樹 (たじま だいき)

出身地 :栃木県宇都宮市
生年月日 : 1996年8月3日
身長・体重:182cm・77kg
投打:左投げ左打ち

 

【野球歴】

宇都宮市立宝木小3年(7歳)から

友人の誘いで宝木ファイターズで

投手として軟式野球を始めます!

 

宇都宮市立陽西中では硬式の鹿沼ボーイズに所属。

 

3年夏日本代表として背番号4をつけ出場した

AA世界選手権では銅メダルを獲得しました ♪

 

高校は野球の名門校佐野日大高に進学し、

1年秋から背番号11でベンチ入り。

 

翌2年春の大会でエースナンバーを獲得します(^_^)v

 

背番号11で夏予選3試合に先発し、

作新戦で11K無四球、

0対1完投勝利します(^_^)v

 

2年秋に7試合55回52K5失点の好投を演じ、

エースとして県V、

関東ベスト4入りを達成します(^_^)v

 

関東大会の東海甲府戦で11K1失点完投勝利、

横浜戦で11安打3失点完投勝利します٩(^‿^)۶

 

この活躍で145㌔左腕としてプロから注目され、

翌春選抜で初の全国4強進出を成し遂げました(*⁰▿⁰*)

 

初戦・鎮西戦で最速145㌔を計測し、

毎回12K(空振10)無四球完封を記録しました(^_^)v

 

3年夏予選は決勝で左脇腹を痛め、

作新に6回途中2失点

残念ながら1対7で逆転負けしました😭

 

高校での実績を考慮され、

報道では「ドラフト1位候補」として

注目されていましたが、

プロ志望はせず本人と家族の意思で

JR東日本でのプレーを希望し内定します!

 

理由として

「まだ自分にプロは早いのかなと思いました。

高校3年間は怪我ばっかりだったので、

まだプロでやる能力はないです」

 

「まだ力不足なので、

前から社会人でやりたいと思っていた」

と決意は固かったそうです(^^;;

 

社会人1年目から公式戦で登板。

 

2月28日に行われた横浜DeNAの2軍

との交流試合では8・9回の2イニング登板。

 

8回は三者連続三振。

9回は詰まった当たりの安打を2本打たれましたが、

2つ三振を取り無失点(^_^)v

 

2回2安打5奪三振で無失点と関谷亮太選手

(2015年ロッテ2位)の視察に来ていた

日米合わせて約20人のスカウトを驚かせました♪(´ε` )

 

第1回U23W杯に代表として選出。

 

軽いぎっくり腰で登板はありませんでした(T ^ T)

 

社会人2年目の2016年3月9日、

社会人野球東京大会・ジェイプロジェクト戦では

9回10安打14奪三振2失点完投勝利を挙げます(^_^)v

 

2017年1月4日にはソフトバンク、

楽天のスカウトが見守る中、

キャッチボールなどで体をほぐし

 

「ドラフト解禁の年で実感が湧いてきた。

(プロに)行くなら1位でいきたい」

 

と決意表明します(^O^)

 

2月27日ヤマハとのオープン戦では

最速146キロを計測し、

5回を8安打5四死球3失点。

 

3月4日の楽天2軍との交流試合では先発し、

7回8安打1四球3失点6奪三振の粘投。

 

プロ8球団が視察に訪れ、

最速147キロ(DeNAのスピードガンでは

146キロ)を計測しました♪( ´θ`)ノ

 

4月のJABA静岡大会・三菱重工名古屋戦では

自己最速タイとなる152キロを計測し、

9回13奪三振1失点の好投。

 

10回、11回のタイブレークも続投し、

計16三振を奪いチームの勝利に貢献しました(^_^)

 

スポンサードリンク

 

田島大樹選手のプレースタイルの特徴など

182cm75kgで長身細身の左腕の

スリークォーターで、

ノーワインドアップから重心を下げ、

テイクバック深めにインステップし、

肘を柔らかく使った腕の振りから

繰り出す最速152㌔

 

130㌔台中盤から140㌔前後の球速以上

に威力ある直球と、

110㌔台から120㌔前後のキレの良い縦横スライダー、

100㌔台のカーブ、

130㌔前後のフォーク。

 

コントロールはまずまずで、

真っすぐとスライダーとのコンビネーションで

空振りを取るピッチャーです ♪

 

遅れて出てくる鋭い腕の振りがセールスポイントで、

ゆったりとしたフォームから投げ込んできます!

 

インステップしてスリークォーターより低い位置

(左打者の背中側)からリリースされる

横角度も持ち味なので、

左バッターはリリースポイントが見えづらく、

突然ボールが現れアウトコースに

球が逃げられたらバッターは無意識に振ってしまいますT^T

 

おまけにストレートの球速もあるので、

緩急をつけられたらタイミングも合わないと思います(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

そして肘と肩関節が柔らかいようなので、

今後まだまだ球速は上がると思いますね(^○^)

 

ドラフト噂や周りの評価など

今秋のドラフト候補社会人No.1左腕との呼び声が高く、

全ての球団が要チェックの注目選手なので、

確実に複数の球団から1位指名を受けると思います!!

 

あとはどの球団が勝ち取るかどうかですね(^○^)

 

左腕で球速があり三振が取れるところが

高評価のようです٩( ‘ω’ )و

 

まとめ

高卒で十分プロ入り出来ていたにも関わらず、

社会人野球を経験しその上で、

経験と実績そして十分な体づくりをしてきた事が

この選手の強みですね!

 

プロ入りしてからの田島選手の活躍を

早く観たいものです !!

 

それでは今回はこの辺で(^O^)/

スポンサードリンク