徳山壮磨(大阪桐蔭)の球種や出身中学は?ドラフトの評価も

皆様お疲れ様です(o^^o)

 

いよいよ夏本番毎日暑い日が飽きもせず

続いています(^_^;)

 

こう暑いと本当に家から出たくなく、

仕事以外は家にこもって録画した

テレビ番組やDVDを観て過ごしている事

が多くなってますね(^○^)

 

皆様はどう過ごされていますか?

 

水分補給はもちろんですが、

休息も大切です!

 

水分・睡眠・休息を十分に取って

暑い夏を乗り越えましょう ♪

 

それでは今回は第99回夏の全国高校野球選手権大会

大阪府代表の大阪桐蔭高校のエース

「徳山壮磨」投手にスポットを当てて

ご紹介したいと思います( ^ω^ )

スポンサードリンク

徳山壮磨投手のプロフィールと野球歴は?

 

 

氏名:徳山 壮磨(とくやま そうま)
生年月日:1999年6月6日
身長:181cm
体重:73kg
出身:兵庫県姫路市
出身中学:姫路市立高丘中学校
投打:右投・右打

 

【野球歴】

高岡小学校3年からソフトボールを始め、

高丘中学校時代はシニアの兵庫夢前クラブに所属。

 

その後高校は野球の超名門校大阪桐蔭高校に進学し、

1年秋から控え投手としてベンチ入りします ♪

 

2試合2イニングに登板し神宮準決勝で、

自己最速タイ138㌔を計測します!

 

その後3年生・岩本悠生投手の肘痛発症を受け、

翌2年春の選抜に背番号10として出場します!!

 

初戦・土佐高戦に9点差の9回表から登板し、

完封リレーを完成させる無失点救援を

見せました(^O^)

 

2年夏の予選は登板なく3回戦敗退(T ^ T)

 

2年秋にエースとして近畿ベスト4入り

を果たしました(^_^)v

 

10試合中7試合の先発を務め、

48.1回で43安打防御率2.79の粘投をしました(^_^)v

 

近畿初戦・平安高校戦で7回4安打9K完封勝ち、

準々・智弁学園高校戦で4失点完投勝ちを

しています(^_^)v

 

翌3年春のセンバツ大会に全5試合(先発4)

39回登板し5勝 防1.62で5年ぶりの優勝に

貢献しました(^O^)

 

そして直近では夏の全国高校野球選手権

大阪府大会決勝では大冠高校に対して、

9回8失点の10-8で苦しみながらも

2試合連続の完投勝利で優勝投手となりました٩(^‿^)۶

 

スポンサードリンク

 

徳山投手のプレースタイルの特徴など

183cm73kgの長身細身のプロ注目右腕(^_^)v

 

球種としては自己最速147㌔、

常時130㌔台後半から140㌔台前半

の伸びのある直球と、

120㌔前後から120㌔台のキレの良いスライダー、

120㌔台のフォーク、

100㌔台の縦カーブがあります!

 

 

 

直球に関してはスピードだけでなく、

バッターの手前でかなり伸びてきます(^ ^)

 

また要所で見せるコントロールも持ち味で、

内角球を交えながら外低めに直球もしくは

スライダーを決めストライクを取ってきます(^_^)v

 

これに関しては試合を作れる投手として

プロからも評価されています♪( ´θ`)

 

徳山投手のドラフト噂や評価など

オリックスや阪神のスカウトからの評価があり、

春のセンバツでのコースを突きながら試合を

作って行けれるピッチングが好評価に繋がって

いるようです(^_^)v

 

ただ直近の夏の大阪府大会の決勝での失点の多さ

などがマイナス評価にならないといいのですが・・・

 

それを打ち消すためにも甲子園大会でのピッチング

が重要になってきますね(^_^;)

 

まとめ

徳山選手の人柄を表すエピソードとして、

チームで1番のきれい好きで洗濯物はきっちり

たたんでからいしまうという几帳面さがあり、

また勝負の世界で生きる人には多いかも

しれませんが験担ぎもするそうで、

 

その内容は、

・グランドのトイレ掃除

・左足からグランドに入る

・大事な試合には赤の勝負下着

 

を実践しているそうです٩( ‘ω’ )و

 

その験担ぎによって1勝でも多く、

甲子園大会で勝ち上がってもらいたい

と思います(^_^)v

 

それでは今回はこの辺で(^O^)/

スポンサードリンク