雪山幹太(早実・投手)の出身中学や身長は?ドラフトの評価も

皆様お疲れ様です( ^ω^ )

 

今回も高校野球からです ♪

 

以前紹介しました履正社高校の安田選手と

若林選手ですが、

残念ながら2人の夏は終わってしまいました(TдT)

 

第99回夏の全国高校野球選手権大阪府大会準決勝で、

大阪桐蔭高校に8-4で残念ながら敗れました(T ^ T)

 

安田選手は五回に痛烈な左前安打を放ち、

七回1死一塁で迎えた第4打席の初球を打ち、

センターにライナー性の特大飛球を打ちましたが、

あとひと伸び足りずフェンスギリギリで取られて

アウトになりましたが、

相手ピッチャーをヒヤリとさせる打球を打ち、

十分な爪痕を残しました(^ ^)

 

最終的に高校通算62本塁打を放ち

全国屈指のスラッガーとして

高校野球生活を終わることになりました♪(´ε` )

 

今後の進退としてプロ入りもしくは大学野球

それとも社会人野球とどの道に進むか

分かりませんが、

新たなステージで頑張って頂き、

メディアを沸かせてもらいたいと思います( ^ω^ )

 

取り敢えずお疲れ様でした(^O^)/

 

それでは今回は残念ながら夏の甲子園大会出場

は逃しましたが、

清宮選手で話題になった早稲田実業高校の

2年生エース「雪山幹太」投手にスポットを

当ててご紹介したいと思います(^○^)

スポンサードリンク

雪山投手のプロフィールと経歴は?

 

 

氏名:雪山 幹太
生年:2000年度生まれ
投打:右投左打
身長:169cm
体重:75kg
ポジション:捕手→外野手→投手
所属シニア名:神戸中央リトルシニア
(中学生時代)

 

(略歴)

中学生時代は神戸中央シニアに所属し、

エースで全国大会に出場します ♪

 

高校は野球の名門校早稲田実業高校に入学し、

1年夏からそれまでほとんど経験のなかった捕手

に抜擢されます。

 

それに関して和泉実監督は「彼と付き合う中で、

状況に応じた判断力と野球センスに素晴らしい

ものを感じていた。

 

「捕手にもうまく適応してくれるだろうと不安は

なかった」

 

と抜群のセンスに目を付けてコンバートしました ♪

 

しかし同年冬に左手親指を痛め、

春になってもキャッチングに不安が残りました(T ^ T)

 

「雪山を守備の不安から解放してあげたい」

 

と同監督は5月の関東大会で今度は外野へ

再コンバートしました(^_^*)

 

その関東大会と今春の公式戦12試合で

早稲田実業高校は喫した失点が合計71に上り、

1試合平均6点近くの失点を取り返さなくては

ならない計算となり、

勝つためにはウィークポイントとなる投手陣

の立て直しが必要でした!

 

そこで同監督が関東大会後に白羽の矢を立てたのが、

「度胸と野球センスのかたまりのような子」と

見込んでいた雪山選手でした(^_^)v

 

雪山投手は抜擢に応え沖縄・愛知・香川と

各地の招待試合で強豪校と対戦する中で

制球力の良さと勝負度胸を発揮し、

6月17日の組み合わせ抽選会で背番号「1」

を背負うことが発表されました( ^ω^ )

 

その後7月21日に行われた夏の西東京大会5回戦

法政高校戦では被安打5 奪三振3の5-0で

公式戦初完封勝利を記録します(^_^)v

 

続いて7月25日に行われた準々決勝

日本学園高校戦では被安打6 失点1の5-1で

完投勝利をします(^_^)v

 

7月28日の準決勝八王子学園八王子高校戦でも、

4-1の完投勝利をしましたが、

7月30日の決勝戦 東海大菅生高校戦では、

被安打11 失点6(自責点1)の2-6で敗北し、

甲子園大会出場はなりませんでした(T ^ T)

 

スポンサードリンク

 

雪山投手のプレースタイルの特徴など

捕手から投手へ転向した急造投手ながら、

西東京大会決勝まで導いた好投手で、

中学時代以来の投手とはいえ、

そこからすんなり実戦的な投球ができる

野球センスの高さは超一級品です(^_^)v

 

投球としては右オーバースローから投げ込む

ストレートは常時130キロ~135キロ。

球持ちが非常によくおまけに回転のいい

コントロールされたボールを投げることが

出来ます(^_^)v

 

内外角への投げ分けもしっかりしており、

コントロールも良く非常に実戦的。

 

球種のスライダーやカーブそしてチェンジアップ

を低めに集め、

打者の狙いを外したピッチングで、

打たせて取る投球を得意としています(^O^)

 

雪山投手のドラフト噂や評価など

今年の夏からの急造投手とは思えない

安定したピッチングで西東京大会準優勝

投手になっただけに、

これからかなり注目されてくると思います!

 

当然今の時点というよりも来年1年間

エースピッチャーとして実績を積んだ上で

どのように進化していくかが評価の対象

になると思われます!!

 

まとめ

早稲田実業高校では圧倒的な人気を誇った

清宮幸太郎選手一点に注目が集まり、

清宮選手の一振りで常勝しているチーム

だと思っていました(^^;;

 

でも結構乱打戦の大量得点の取り合いで

辛うじて勝っている試合も多かったんですね T^T

 

そんな中で雪山投手のような安定した

ピッチングで抑えることの出来る

あまり点を取られない投手は

今の早稲田実業高校にとっては不可欠

ですね♪

 

これから更に実績を積むことによって

伸び代がある分押しも押されぬ投手になる

可能性は十分に秘めています(^_^)v

 

来年の活躍を楽しみに見守っていきたいと

思います( ^ω^ )

 

それでは今回はこの辺で(^O^)/

スポンサードリンク