廣部就平(秀岳館)の出身中学や身長は?ドラフトの評価も

皆様お疲れ様です(o^^o)

 

先日仕事で帰りが少し遅くなり、

21時頃運転しながら街中を通っていた際に

飲み屋の前で人がたくさんたむろしていました!

 

まあそれはいいんですが、

その飲み屋の駐車場に結構な数の車が停まって

いました!!

 

まあ仲間内や家族で来ている中には飲まない

人もいますので問題ないかもしれませんが、

ただ車の数的に考えたらほんとにそうなのかな

って疑問を抱く車の台数でした(^_^*)

 

一時期よくやっていた飲酒の検問も

最近はあまり見なくなったなぁなんて思いながら、

家路を急いでいるとタイミングよく

その飲酒の検問に出くわしました!!

 

不思議ですよね!

翌日は祝日ですがその日は平日ですよ!!

 

こんな日に検問するんだとビックリしました(^^;;

 

まあでも検問しているから飲酒運転がダメではなく、

元々飲酒運転すること自体が間違いなんですよね!

 

根本的に間違っている訳です!!

検問云々ではなく絶対に飲酒運転は

やめましょうね(^^)/~~~

 

取り返しのつかない事をしてからでは

手遅れですから・・・

 

それでは今回は第99回夏の甲子園大会熊本県代表

『秀岳館高校』の4番で主将の「廣部就平」選手に

スポットを当ててご紹介したいと思います(^○^)

スポンサードリンク

廣部選手のプロフィールや経歴は?

 

 

氏名:廣部就平(ひろべ しゅうへい)
生年月日:1999年7月30日
出身地:京都府宇治市出身
身長:170cm
体重:81kg
投打:右投右打

 

(略歴)

小学校時代から野球を始め、

宇治市立宇治中学校時代は京都府に住みながらも、

大阪の名門・枚方ボーイズで活躍していました(^_^)v

 

一部ですがその枚方ボーイズ時代の栄光として

2013 ボーイズ春季大会優勝
2013 ボーイズ選手権大会優勝
2013 ジャイアンツカップ優勝
2014 ボーイズ選手権大会優勝

 

に貢献するなど中学時代からすごい活躍をされて

いました ♪

 

その後高校は地元を離れ熊本県の野球の名門校

秀岳館高校に進学します!

 

2年生のセンバツ大会で6番三塁手として出場し、

2回戦の南陽工業高校戦でのホームランを含め、

4試合で13打数5安打 1本塁打 4打点と準決勝進出

に貢献し全試合で安打を放つ大活躍٩(^‿^)۶

 

そして夏の熊本県大会でも12打数5安打と

打率4割超えを記録し三振は1つも

ありませんでした(^_^)v

 

迎えた夏の甲子園大会では初戦常葉菊川高校戦で、

本塁打こそ放ったものの10打数3安打 打率.300と

不本意な成績に終わりますの(^^;;

 

その後新チームとなった秋以降主将に就任し、

秋の公式戦では打率.400(25打数10安打)、

1本塁打 7打点で打順は6番から4番に昇格し、

4番三塁手としてチームを牽引します!!

 

3年生のセンバツ大会では4試合で16打数3安打

打率.188と不振でしたが、

チームは3季連続の4強入りを達成しました(^_^)v

 

そして今度こそ全国制覇と意気込んでいた

夏の甲子園大会では初戦横浜高校戦では

4打数2安打 打点1の活躍で6対4と勝利しましたが、

続く広陵戦では4打数無安打と抑えられ、

1対6と敗北し全国制覇の夢は絶たれて

しまいました(T ^ T)

 

スポンサードリンク

 

廣部選手のプレースタイルの特徴など

170cmという野球選手としては、

小柄な体ではありますが、

81kgというがっちり体格なので、

見た目大きく見えます(^^)

 

そんな廣部選手の最大の特徴は、

鋭いスイングで飛距離抜群の長打力ですね!

西は履正社高校の安田選手、

東は早稲田実業高校の清宮選手がスラッガーと

して注目されていましたが、

力で言えば互角との評価があります(^○^)

 

足はあまり速くない方なので、

とにかくバットで塁を稼ぐスラッガーです(^_^)v

 

他には柔軟性が素晴らしく開脚を180度でしたり

しています!!

 

ネクストバッターボックスでストレッチしている

と見れることがあるようなので

そこも注目ですね ♪

 

また練習の虫で本人は

「甲子園は練習でできたことしかできない」と話し、

毎日8時間の練習をこなしているみたいなので、

練習の成果を発揮していただいて、

将来につなげて欲しいと思います♪

 

ドラフト噂や周りの評価など

プロ注目のスラッガーと言われていますが、

現時点ではプロのスカウトからの評論など

は具体的にありません!

 

素質十分で大変な努力家でもありますので、

今後直でプロ入りを表明するかどうか分かりませんが、

個人的にはワンステップ(大学野球など)置いてから

更に実績を伸ばしプロ入りする方がいい様に

思われます!!

 

その時にはドラフトの目玉選手になっている事

間違いなしですが・・・(^○^)

 

まとめ

3季連続4強入りを果たし、

次こそ全国制覇の夢を抱いて挑んだ今回の夏の

甲子園大会非常に残念でした(T ^ T)

 

そして今大会を最後に鍛治舎監督も勇退という事で、

秀岳館高校の一つの歴史が幕を閉じます。

 

残念ではありますが、

でも新しい歴史の幕開けでもあります!!

 

これから新たな秀岳館高校の歩みを見ていきたいと

思いますし、

そしてこれから更に進化していく廣部選手の

今後の活躍にも目が離せないですね( ^ω^ )

 

それでは今回はこの辺で(^O^)/

スポンサードリンク