碓井涼太(うすい・天理)の出身中学や身長は?球種やドラフトの評価も

皆様お疲れ様です(^ ^)

 

最近節制の面もあり休みの日などは食事回数や

食事量を減らしており、

最近はそれに慣れ胃も小さくなったのか

あまり食べなくなりました!

 

それに反して5歳の娘はよく食べるようになりました!!

 

今日はうどん屋さんに一緒に行ったのですが、

かけうどんの小とおにぎり1個

それに唐揚げで1個を殆ど1人で食べました(^_^*)

 

それだけ食べて夜はご飯を普通の茶碗1杯

以上食べるのですからビックリします(^^;;

 

5歳にして僕と食べる量が変わらなくなって

しまいましたが、

それはそれで嬉しい限りです(^ ^)

 

ただその代謝の良さは嫉妬しますけどね(o^^o)

 

でもたくさん食べて大きくなって欲しいと

いうのはホンネです( ^ω^ )

 

それでは今回は第99回夏の甲子園大会奈良県代表

の古豪『天理高校』のエースピッチャー「碓井涼太」

投手にスポットを当ててご紹介したいと思います ♪

スポンサードリンク

碓井投手のプロフィールや経歴は?

 

 

氏名:碓井 涼太(うすい りょうた)
生年月日:1999年4月10日
出身地:大阪府門真市
身長:168cm
体重:72kg
投打:右投右打
ポジション:投手

 

(略歴)

大阪府門真市出身。

保育園から野球を始め、

小学校時代は地元門真市の門真ジャガーズに所属し、

門真市立門真はすはな中学校時代は

天理のエースとして1990年夏の甲子園を制覇した

元巨人軍の谷口功一さんが監督を務める

大東畷ボーイズに所属していました!

 

現在も碓井投手の帽子の裏には、

中学時代の恩師である谷口監督の座右の銘で

クラブチームの教えでもある

『一球の緊張感』という言葉が書き込まれて

いるそうです ♪

 

そして高校は地元大阪ではなく、

奈良県の野球の超名門校で古豪である天理高校に

進学します!!

 

進学後1年生の秋からベンチ入りを果たしますが、

元々は上手から投げる本格派右腕で、

碓井投手の性格を表したような素直なボールの為か

打ち込まれることが多く、

2年生の秋の時点ではエースナンバーを背うことが

出来ませんでした(T ^ T)

 

そこで2年生のオフシーズンに中村良二監督と同じく

元プロの山崎慎太郎コーチから提案され、

右腕の位置を下げサイドスローピッチャーに

転向します!

 

これにより制球力が安定し

おまけに鋭い変化球を身に付ける事ができ

エースナンバーを背負う事が出来ました(^_^)v

 

そして3年生夏の県大会を制し

迎えた夏の甲子園大会では3回戦の

神戸国際大学付属高校戦に先発登板し、

延長11回2-1で接戦を制しますが、

碓井投手自身11回148球を1人で投げ切り

7安打1失点の好投で完投勝利を収めます(^_^)v

 

そしてその2日後の準々決勝の大分県代表の

明豊高校戦でも先発登板し

初回からの連続本塁打などの味方打線の援護もあり、

大量リードの中8回までを3失点に抑えますが、

降板後相手打線の猛攻にあうものの

13対9で勝利しベスト4進出を達成します(^_^)v

 

しかし準決勝では優勝候補である広島県代表の

広陵高校と対戦し9-12で残念ながら敗れ、

碓井投手は5回12安打6失点(自責点5)で降板し、

しかも広陵高校注目のスラッガー中村選手に

大会記録タイとなる5本目と更新記録になる6本目を

打たれてしまいました(TдT)

 

しかし自分の意思で球種とコースを選んでの勝負

だっただけに観てる側としては気持ちのいい

勝負でした(^_^)v

 

スポンサードリンク

 

碓井投手の家族は?

1歳下に同じ天理高校の控え捕手で

弟の雅也選手がいます(^○^)

 

小学校から中学校までバッテリーを組み

とても仲のいい兄弟でお互いに気づいたことを

遠慮なく言える間柄のようです ♪

 

高校でも兄と一緒に甲子園に出たい思いから

天理高校を選びバッテリーを組むことは

出来なかったようですが、

投球練習などでは雅也選手に付き合ってもらい、

アドバイスなどを参考にしていたようです(^_^)v

 

本当に羨ましい限りの兄弟愛ですね ♪♪

 

碓井投手のプレースタイルの特徴など

168cm 72kgと体格的には大きくありませんが

自己最速135キロのストレートと

ツーシーム系のシュートをインコースに投げ込む

強気のピッチングとアウトコースに逃げるスライダー

で勝負をする右のサイドスローピッチャーです♪( ´θ`)

 

三振を取ると言うよりも打たせて取るピッチャー

としての印象が強いですね ♪

 

その分コントロールも安定しています(o^^o)

 

ドラフト噂や周りの評価など

現在のところプロのスカウトからの

具体的な評論などはありません。

 

ただサイドスローに転向してピッチングとしての

伸びしろはまだまだあると思いますので、

それこそ同じ系列で大学野球の名門である天理大学に

進学されて益々ピッチングの幅を伸ばしてから

今後の進路を決められてからでも遅くないと思います!

 

まとめ

27年振りの決勝進出に残念ながらあと一歩のところで

叶いませんでしたが、

天理高校の勇姿は観ている側の人達にも十分に

伝わったと思います(^○^)

 

子どもの時からよく観ていた天理カラーのユニホームを

テレビで観るだけで懐かしく、

そして当時から憎たらしいほどに強かった歴戦の試合が

フラッシュバックしてきます(^_^*)

 

最近愛媛県内でもそうですが昔からの古豪が県代表として

甲子園大会に出てくる事が少なくなって来ました!

 

それはそれで県内に新たな野球の

名門校が出来ることは喜ばしいことですが、

何か一つの歴史が終わったようで同時に寂しい気がします。

 

個人的には天理高校のような

古豪の名門校にもっと出て来てもらい、

更に甲子園を盛り上げてもらえれば嬉しいですね٩(^‿^)۶

 

碓井選手自身のまとめの内容じゃなくなってしまい

どうもすみませんm(_ _)m

 

それでは今回はこの辺で(^O^)/

スポンサードリンク