カズオイシグロの経歴や妻・子供など家族は?国籍は日本じゃない?

偉大な方がまた誕生したようですね♪   スウェーデン王立科学アカデミーは2017年10月5日に、 2017年のノーベル文学賞を、長崎県生まれの作家である、 カ...

偉大な方がまた誕生したようですね♪

 

スウェーデン王立科学アカデミーは2017年10月5日に、

2017年のノーベル文学賞を、長崎県生まれの作家である、

カズオ・イシグロ氏に授与すると発表して話題になってますよね!

 

ノーベル賞なんてなんかピンとこないのですが、

日本人のノーベル文学賞は過去には、

1968年の川端康成さんや1994年の大江健三郎さんがいますね!

 

長崎生まれのカズオイシグロさんは、

名前がカタカナなんですけど本名は漢字じゃないのかな??

 

ってか実は日本人じゃないってホント!!??

 

今回は、ノーベル文学賞を受賞した

カズオイシグロ氏についてプロフィールや家族構成、

今までの作品である映画、ドラマ、書籍などに

ついていろいろ調べてみましたので見ていきましょう!

スポンサードリンク

カズオイシグロの経歴や国籍などプロフィールは?

 

カズオイシグロのプロフィール↓↓

 

本名:石黒 一雄

誕生日:1954年11月8日

出身地:長崎県長崎市

国籍:英国(イギリス)

出身大学:ケント大学英文学科、イースト・アングリア大学大学院創作学科

代表作:『日の名残り』

デビュー作:『遠い山なみの光』

住まい:イギリス、ロンドン

 

 

今回、ノーベル文学賞を受賞した要因は、

『偉大な感情の力をもった小説により、世界とのつながりについての我々の錯覚に潜む深淵を明らかにしたことに対して』

ということみたいですね!

 

それにしても気になるのがなんと言っても、

国籍が日本じゃない!!??(゜o゜;

 

そう、カズオイシグロさんは実は日本人じゃなくて、

英国人なんですよね~。

 

ニュースサイトにはサラッと書いてますが、

出身が日本の長崎県なので日本人っぽい

イメージしか持てないですが英国人なので、

ちょっと残念と思っているのは私だけじゃないはず(笑)

 

 

カズオイシグロの生い立ちは?

さて気になるカズオイシグロさんの

生い立ちなんですがこちらもチェックしていきましょう♪

 

1960年・・・5歳の時に海洋学者の父・石黒鎮雄が北海で油田調査をすることになり、一家でサリー州・ギルドフォードに移住

 

1978年・・・ケント大学英文学科、1980年にはイースト・アングリア大学大学院創作学科を卒業。なんと当初はミュージシャンを目指していたらいいですが、その後、文学者に進路を変えます

 

1982年・・・イギリスに帰化する→ここで日本人じゃなくなったなんですね^^;

1986年・・・イギリス人ローナ・アン・マクドゥーガルと結婚

 

1982年・・・英国に在住する長崎女性の回想を描いた処女作『女たちの遠い夏』(日本語版はのち『遠い山なみの光』と改題) で王立文学協会賞を受賞し、9か国語に翻訳される

 

1986年・・・戦前の思想を持ち続けた日本人を描いた第2作『浮世の画家』でウィットブレッド賞を受賞

1989年・・・英国貴族邸の執事を描いた第3作『日の名残り』でブッカー賞を受賞

1995年・・・第4作である『充たされざる者』を出版する

1995年・・・大英帝国勲章(オフィサー)を受章

1998年・・・フランス芸術文化勲章を受章

2000年・・・戦前の上海租界を描いた第5作『わたしたちが孤児だったころ』を出版、発売と同時にベストセラーとなる

2005年・・・『わたしを離さないで』を出版する

2005年・・・英中合作映画『上海の伯爵夫人』の脚本を担当する

2008年・・・『タイムズ』紙で、「1945年以降の英文学で最も重要な50人の作家」の一人に選ばれる

2015年・・・『忘れられた巨人』を英国、米国で同時出版する

2017年・・・ノーベル文学賞を受賞!

 

カズオイシグロさんの作品はたびたび映画化されており、

2005年には脚本も担当していますね。

 

ってか1982年には帰化してたなんて、、、笑

かなり前から日本人ではなかったんですね^^;

 

天使くん
まぁ、でも日本生まれだから、個人的には誇らしいと勝手に思っておきますね(笑)

 

しかし、ご両親はなんとお二人とも日本人だそうですよw

 

成人するまで日本国籍だったんですけど、

幼年期に渡英しているため、

日本語はほとんど話すことができないということみたいですね!→ご両親が日本語を教えなかったのかな(・・;)

 

イギリスに帰化したきっかけが、

日本の法律が二重国籍を許さなかったため、らしい、、

ということで日本国籍を1982年に放棄したんですね~。

 

1989年に国際交流基金の短期滞在プログラムで

再来日を果たした時に、ノーベル文学賞を受賞した

大江健三郎と対談した際には、

最初の2作で描いた日本は想像の産物であったと語り、、

 

「私はこの他国、強い絆を感じていた非常に重要な他国の、強いイメージを頭の中に抱えながら育った。英国で私はいつも、この想像上の日本というものを頭の中で思い描いていた」

 

とコメントしたようですね。

 

日本という国をどのように想像していたのか、

ますますカズオイシグロさんの書籍が気になってきた~♪

 

スポンサードリンク

 

カズオイシグロの妻や子供など家族構成は?

カズオイシグロさんの奥さんや子供など

家族構成についても見ていきたいと思います!

 

1986年にイギリス人のローナ・アン・マクドゥーガルさんと

結婚したのですが、コレ以外の情報はネット上には無いみたいですw

 

ちなみにカズオイシグロさんのお父さんとお母さんですが、

父:石黒鎮雄(いしぐろ しずお)

母:イシグロ シズコ→漢字は不明

 

という情報がGoogle先生によって判明しました、

ここで子供の情報も、、、

 

娘:イシグロ ナオミ(Naomi Ishiguro)

→娘さんの名前は日本人なんですね(笑)

 

お父様は中国生まれという情報になっており、

戦時中なのでそうなったのかもしれないですよね。

 

ご家族に関してはコレ以上の情報は

無かったですが、みなさんおそらくロンドンに

在住かと思われますよね!

 

カズオイシグロの今までの作品は?

カズオイシグロさんの作品についても

見ていきたいと思います♪

 

【長編小説】

1982年・・・遠い山なみの光 A Pale View of Hills

1986年・・・浮世の画家 An Artist of the Floating World

1989年・・・日の名残り The Remains of the Day

1995年・・・充たされざる者 The Unconsoled

2000年・・・わたしたちが孤児だったころ When We Were Orphans

2005年・・・わたしを離さないで Never Let Me Go

2015年・・・忘れられた巨人 The Buried Giant

 

 

これがカズオイシグロさんの代表作で、

ブッカー賞を受賞した作品♪

※ブッカー賞とは、イギリスの文学賞で、世界的に権威のある文学賞の一つです。

 

アンソニー・ホプキンス主演で映画化もされた

『日の名残り』ですよ↓↓

 

<内容情報>

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々-過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

 

<みんなの口コミ・感想>

『主人公の追想から、次々と異なる場面が展開され、歴史あり、価値観あり、風景や人物の会話の描写の美しさなど、さずが、イシグロ。』

『ものすごい量を読んでいる読書家の家族が言うには、「ここ数年で読んだうちで最も良かった本」だそうです。』

『実際には見たことはないイギリスの田園風景が浮かんでくるような描写が多く見受けられ、休みの日にゆっくりと時間を過ごす時に一読頂くと良いと思います。』

 

天使くん
これはぜひ読ませていただきたい♪

 

 

スポンサードリンク

 

 

日本でもカズオイシグロさんの小説が

ドラマ化されたの知ってました??

 

それが、

2005年・・・わたしを離さないで』  ”Never Let Me Go”

が原作の作品ですね↓↓

 

 

 

2016年1月からTBSテレビでテレビドラマ化されて、

この時の出演者が、 綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみ、などなど、、、

 

2014年には蜷川幸雄演出、多部未華子主演により舞台化されたそうですよ!

 

ちなみに海外でも、

2010年にマーク・ロマネク監督により、

キャリー・マリガン(華麗なるギャツビー)、

アンドリュー・ガーフィールド(スパイダーマンシリーズ)、

キーラ・ナイトレイ(パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ)主演により

映画化された作品でもありますよ♪ →なんと豪華な(゜o゜;笑

 

天使くん
全然関係ないけど、華麗なるギャツビーのときディカプリオと出演してた”キャリー・マリガン”ってめちゃカワイイよね(笑)

 

実はわたしたちも、あちこちで

カズオイシグロ作品に触れていたんですね^^

 

 

【短編小説】

1990年・・・戦争のすんだ夏  The Summer after the War

1990年・・・夕餉  A Family Supper

2001年・・・日の暮れた村  A Village After Dark

2009年・・・夜想曲集―音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 Nocturnes: Five Stories of Music and Nightfall

 

 

【映画】

1993年・・・『日の名残り』がアンソニー・ホプキンス主演で映画化(英米合作)

2003年・・・世界で一番悲しい音楽 The Saddest Music in the World

2005年・・・上海の伯爵夫人 The White Countess

 

 

ちなみに、カズオイシグロさんが現代作家で

一番注目しているのは、村上春樹さんと語っているようですよ!

 

まとめ

ノーベル賞ですが、2017年までに日本は非欧米諸国の中で

最も数が多い26名の受賞者を輩出していたって知ってました??

 

天使くん
もちろん、知らなかったっす(笑)

 

21世紀以降、自然科学部門の国別で

日本は米国に続いて世界第2位の

ノーベル賞受賞者数を誇っているようで、

このあたりもみんなあまり知らないですよね~。

 

そんな中で、経済学賞を受賞した日本人と、

女性でノーベル賞を受賞した日本人もいないらしいので、

これからのノーベル賞受賞者で日本人女性が誕生するのが

いつなのかも気になるところですよね♪

 

スポンサードリンク

PREV:ジュディマリYUKIの現在は?パクリ&整形疑惑の真相も調査!
NEXT:ジェシーグラフの年齢や身長などwikiは?筋肉がヤバイ!
吉田豪って誰?アイドル番組で大炎上!経歴やプロフィールも

吉田豪って誰?アイドル番組で大炎上!経歴やプロフィールも

ロマトニオロと浅田真央の熱愛彼氏はデマ?ゲイの噂や結婚説も調査!

ロマトニオロと浅田真央の熱愛彼氏はデマ?ゲイの噂や結婚説も調査!

戸田恵梨香と熱愛したジャニーズや俳優が豪華!共演者キラー決定

戸田恵梨香と熱愛したジャニーズや俳優が豪華!共演者キラー決定

清水良太郎が逮捕!ホテルの場所はどこ?テニミュへの影響も!

清水良太郎が逮捕!ホテルの場所はどこ?テニミュへの影響も!

芸人ヒロシの現在はYoutuberで喫茶店経営!年収も調査!

芸人ヒロシの現在はYoutuberで喫茶店経営!年収も調査!

加藤綾子(カトパン)女優で現在の年収がヤバイ!演技が上手い?

加藤綾子(カトパン)女優で現在の年収がヤバイ!演技が上手い?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です