南克幸(バレー元日本代表)現在は加藤海運社長!年収や妻や子供は

 

天使くん

スポーツの世界は短命ですよね~

 

しかし、ほんの一部の方ですがスポーツを引退してから大成功を収めている人だっています!

 

ある人はコーチとして、ある人は解説者として、そしてある人は企業の重役へと華麗なる転身を遂げているのですが気になるのがバレーボールの元日本代表だった南克幸さんですね♪

 

南克幸さんはある大企業の社長に就任し、現在も活躍されているのですがその生活ぶりが気になりますよね^^

 

そして最近海外から輸入された危険生物で話題のヒアリとも日々戦っているとのことなのですが、今回はそんな南克幸さんについてまとめてみましたので一緒にチェックしていきましょう♪

スポンサードリンク

南克幸のプロフィールは?現役時代の写真もチェック!

 

 

本名:南克幸(みなみ かつゆき)

愛称:かつ、かっちゃん

出身地:宮崎県延岡市

誕生日:1970年9月30日

出身高校:山口県立宇部商業高等学校

出身大学:法政大学

血液型:O型

身長:200cm

指高:260cm

スパイク:345cm

ブロック:340cm

利き手:右

現役時代のポジション:MB(ミドルブロッカー)

 

 

天使くん

笑顔がさわやか過ぎる(゜o゜;

 

現役時代は長身イケメンで話題になりましたね♪

→2mですからね^^;笑

 

若い世代の方は誰だかさっぱりかと思いますが、バレーボール日本代表として活躍しオリンピックにも出場して実業団リーグでも活躍した選手だったんですよね~!

 

月刊バレーボールの表紙にもなった方なので当時はかなり人気があったと思います^^

 

 

簡単に経歴もまとめてみました!

 

1988年・・・大学1年のときに全日本代表に選出される

1992年・・・バルセロナオリンピックに出場する

1993年・・・ユニバーシアードで金メダルを獲得

※ユニバーシアードとは、国際大学スポーツ連盟(略称 FISU)が主催する総合競技大会で、全世界の学生たちが集まり、『学生のためのオリンピック』と言われております

大学卒業後・・・旭化成に入社し、旭化成のバレーボール部の中心選手として活躍する

1998年・・・実業団リーグで2位となり、Vリーグ昇格を果たす

 

その後、旭化成の休部により、旭化成の社員の身分を保持した上で大分三好ヴァイセアドラーへ移籍し、プレーするのですが体力の限界を感じたと発表し、2008年4月15日引退します。

 

簡単に、南克幸さんを表すと、、、

 

 

■全日本代表として活躍:1989~1998年、2005年

■オリンピック出場:1992年

■世界選手権出場:1990年、1994年、1998年

■ワールドカップ出場:1989年、1991年、1995年

 

 

天使くん

まさに、90年代バレーボール界のスーパースター!

 

 

南克幸さんが引退したのは2008年なので当時37歳、スポーツ選手としては妥当な年齢ではないかと思いますが、先の人生は長いですよねw

 

引退後の南克幸さんもスゴイので見ていきましょう(゜o゜;

 

 

スポンサードリンク

 

引退後は南克幸社長!加藤海運ってどんな会社?

南克幸さんは引退した年の2008年10月に一般人女性と大阪府で結婚式を挙げます♪

 

そして、旭化成に戻り、旭化成ケミカルズ合成ゴム営業部課長を務めました!

 

南克幸さんのご結婚された一般人女性はただの一般の方ではなく、加藤海運という大企業のご令嬢だったんですね(゜o゜;

 

しかし、加藤海運の創業者である加藤栄一前社長が、2012年12月に亡くなられます、2013年2月に臨時株主総会後の取締役会が開催され、南克幸さんが社長として正式決定、就任することとなったのです!

※コレとほぼ同時期に旭化成を退社しました

 

加藤海運ってどんな企業なのか?

 

簡単に言うと、年商100億円の企業みたいです(゜o゜;笑

 

創業が明治10年で、従業員が約100名の神戸にある企業で、貨物運送及び運送取扱業、海運業、倉庫業など海、陸、空、梱包それにかかわる国際貨物に至るまで、あらゆる物流事業を事業展開している企業みたいですね!

 

年間の取扱量は海上輸送(近海輸送含む)300万トン、沿岸作業2万トン、船内作業30万トン、陸上輸送10万トン、倉庫の年間取扱高は20万トンとなっています。

>加藤海運HPより引用

 

現在の南克幸社長の写真も加藤海運HPに掲載がありました↓↓

 

 

ここで、海運業ということは最近話題の『ヒアリ』の対策もかなり神経を尖らせていると思われますが、詳細は記載がありませんでした^^;

 

海外から輸出される物資と一緒にヒアリも持ち運ばれていると全国的に問題となりましたよね!

 

今度、テレビにも出演されるようなので情報が入り次第追記してまいります!

 

 

スポンサードリンク

 

南克幸の奥さんや子供など家族は?年収も気になる!

南克幸さんのご家族についても見ていきましょう!

 

南克幸さんのお父様は1972年ミュンヘンオリンピックの金メダリストでもある南将之(みなみまさゆき)さんです!

 

 

南将之さんは福岡大大濠高校卒業後、1960年旭化成に入社します!

 

身長196cmの大型スパイカーとして活躍し、1961年全日本代表初選出されます。

 

オリンピックでは1964年東京五輪で銅メダル、1968年メキシコ五輪で銀メダルを獲得し、ミュンヘン五輪で金メダルを取ったときは、準決勝のブルガリア戦で、先に2セットを奪われて絶体絶命の状況で第3セット途中から出場し、ミュンヘンの奇跡として語り継がれる逆転勝利の立役者として有名な選手です(゜o゜;

 

ちなみに、、日本バレーボール界で3種類のメダルを持っているのは南将之さんとと猫田勝敏さんだけらしいw

→まさにバレー界のレジェンドですね♪

 

 

そして、南克幸さんの弟さんは旭化成でプレーした南裕之(みなみ ひろゆき)さんですね♪

 

 

南裕之さんも、1990年にアジアジュニア選手権2位、1991年の世界ジュニア選手権4位、1993年のユニバーシアード世界大会で優勝、1994年~1997年の期間で日本代表としても活躍しました!

 

ここで南家の身長を見てみると、、、

 

父:南将之・・・196cm

兄:南克幸・・・200cm

弟:南裕之・・・200cm

 

 

天使くん

デカ!!??旭化成の流れもお父様のときからなんですね♪

 

まさに、バレーボールをするための家族みたいw

 

こんな家族が揃って歩くとめちゃ目立ちますね^^;

 

南克幸さんの奥さまで、加藤海運前社長のご令嬢とお子さんの画像は、一般の方なので見つかりませんでした^^;

 

 

年収について調べてみると、海運業の年収は課長クラスで900万というデータがありました!

 

40歳で順調に出世していれば1000万以上はあるようで、その社長となればもっといってそうですね(笑)

 

まぁ、あくまで想像でしか無いですが^^;笑

 

 

 

スポンサードリンク