新型iPhoneSE+(プラス)の予約方法・発売日まとめ!カラーや新機能も

新型iPhone SEの情報が少しずつ解禁され始めてます!

 

待ち望んでいた新型の名前はズバリ『iPhone SE +(プラス)』

 

未だにわたしの友人もiPhoneSEを愛用してますし、ちょっと年上世代の方は昔のパカパカケータイに慣れているので、どうしても現在のスマホのサイズ感が苦手な方も多いですよね^^;

 

実際、iPhoneSEって価格も安くてコスパが良い上に、性能面でもまったく問題ないため、法人やビジネス用途で使っている企業や会社が多いですよね♪

 

今回は『iPhone SE +(プラス)』に関する噂や最新情報、発売日、予約日、予約方法、カラーなどなど予想も含めてまとめてみましたので一緒にチェックしていきましょう♪

 

スポンサードリンク

新型iPhone SE+(プラス)の予約・発売日はいつ?

まずは新型iPhoneSE+(プラス)の発売がいつなのか予想してみます!

現段階での噂は、2018年の初頭くらいではないのか?

 

と予想されているサイトが多いですよね。

しかし曖昧な表現だったのでわたくし的に今までの傾向を分析してみて調べてみました♪

 

まずは今までのiPhoneが日本でいつ発売されてきたかをまずはチェックしてみましょう!

 

【iPhone発売日まとめ】

※スマホの方は横向きにするとうまく表示されますよ

 au発売日 docomo発売日 softbank発売日
iPhone 52012/9/21(金)2012/9/21(金)
iPhone 5s/5c2013/9/20(金)2013/9/20(金)2013/9/20(金)
iPhone 6/6 Plus2014/9/19(金)2014/9/19(金)2014/9/19(金)
iPhone 6s/6s Plus2015/9/25(金)2015/9/25(金)2015/9/25(金)
iPhone SE2016/3/21(月)2016/3/21(月)2016/3/21(月)
iPhone 7/7 Plus2016/9/16(金)2016/9/16(金)2016/9/16(金)
iPhone 8/8 Plus2017/9/22(金)2017/9/22(金)2017/9/22(金)
iPhone X2017/11/3(金)2017/11/3(金)2017/11/3(金)

 

天使くん

iPhoneの発売日は9月の金曜に集中してる!?笑

 

iPhone SEだけイレギュラーに月曜日になってますよね!

しかも3月って^^;

 

しかし、この法則で行くと次期iPhoneSEの発売日は、、、

2018年3月19日(月)!!??

 

2018年の3月は月曜日が19日になってましたね。

 

この時期は学期末ということもあり、4月から新入生などの学生が携帯を探しまくっている次期なので、低価格で発売されやすいiPhoneSEは携帯キャリアにとっても格好の売りやすい商品となりますよね♪

 

※発売日+予約方法に関しては情報が入り次第追記してまいりますね!

 

新型iPhone SE+(プラス)はWeb申し込みが最強!

iPhoneの予約や契約に関して最近の消費者の今時はどうやらWeb申込みが最強ということみたいなんですが、店舗申し込みと比べてWebが良い理由についてもまとめてみました!

 

【店舗申し込みが嫌われる理由】

・待ち時間が長い
・余計なオプションにいっぱい入らされる
・タブレットや固定回線など追加案内される

 

代表的なのはやはり上記3点ではないですかね。。

 

週末となると、店舗は混雑していることが多く待ち時間がかなり長いこともしばしばw

 

そして、店舗独自でやっている特典をもらうためにオプションが必須の場合がほとんどです。

 

オプションも最初の1ヶ月は解約してはいけない、解約を忘れるとその分の月額料金もアップ(;´Д`)ハァハァ

 

そして、携帯ショップは業界で生き残るために最近ではタブレットや光回線などの固定回線、またauとかはウォーターサーバー、そして携帯キャリアの電気に乗り換えなどなど。

 

天使くん

とにかくいっぱい案内されます^^;笑

 

店舗の方も、、、

『キャンペーンや特典をもらうためには必須オプションなんです。』

 

という理由で、消費者側としては特典を受けないとメリットが無いため言われるがままに加入するのですが、解約も面倒ですし、解約の為に来店したりとホント面倒

 

これがWebサービスからの申込みだと、、、

 

【Web申し込みのメリット】

・余計なオプション加入の必要なし
・オプション加入無しでもWeb限定特典がもらえる
・最安値で案内してもらえる
・来店の必要なし
・電話でオペレーターが対応してくれる
・全国どこからでも申し込み可能

 

Web申し込みは余計なオプション加入の必要が無いケースがほとんど!

 

しかもそれでいて各社携帯キャリアの特典+Web限定特典がもらえるという(゜o゜;

 

天使くん

つまりW(ダブル)で特典ゲットできちゃう♪

 

店舗受け取りもできますが、最終的には郵送でお届けできますので、わざわざ混雑している店舗に来店する必要も無し!

 

ここで気になるのが、、、

『郵送中はスマホ使えないんじゃないの??』

 

コレに関しては、使えない時間が発生しないようにSIMカードを入れ替えて操作した時に乗り換え扱いになるため使えない時間帯はせいぜい1時間くらいです。

※格安SIMと同じ感じですね

 

申込後は、確認のためオペレーターから電話もあるので直接人間のスタッフとのやり取りもできちゃうのでわからないことは聞けちゃいます。

 

正直、Web申し込みは店舗申し込みのデメリットをすべて取り除いた感じのサービスになってますので、最近は店舗にわざわざ行かない人も多いんですね♪

 

スポンサードリンク

Web申し込みのおすすめサイトはここ!

上記で説明したようにメリットづくしのWeb申し込みをする際におすすめのサイトはどこなのかまとめてみました。

※SoftBankをすでに利用中、または新規申し込み、auやDOCOMOから乗り換えの方向けの内容になります。

 

SoftBankの場合

SoftBank新規申し込み、もしくは電話番号そのまま乗り換え(MNP)機種変更をするときにおすすめのサイトを2つ紹介します。


【新規・MNP・機変に対応】

ソフトバンク正規取扱い店「SMART PHONE STORE」

・最新iPhoneの取り扱いあり
・Web限定の現金キャッシュバックがある
・余計なオプション加入なし

 

まずはこちらのソフトバンク正規取扱い店「SMART PHONE STORE」ですね!

 

申し込み時間は約2分くらいで終わります、申込み画面入力後はオペレーターから確認の電話が入り契約に進むという流れですね。

 

こちらのサイトはSoftBankの正規取扱店で、SoftBank公式のキャンペーンにプラスでWeb限定の現金キャッシュバックなどがあるのでめちゃお得ですよ♪

 

現金キャッシュバックを受けるにはレビューを書かないといけないですが、余計なオプションを入らされるよりは格段に余裕ですね♪

 

MNPのみのサイトもありますが、新規と機種変更にも対応してくれるということでこれは良いですね!

 


【MNPのみ対応】

ソフトバンクモバイル正規代理店!どこよりも高いキャッシュバック実施中!

最新iPhoneの取り扱いあり
お客様満足度No.1
余計やオプション加入なし
他店徹底対抗してくれる

 

次に紹介するのはこちらのおとくケータイ.netですね。

 

申込みは約60秒で出来ちゃいます!

Web申込みが出来るサイトではNo.1の実績を誇っており、新規や機変はできないですが、MNPだと他店対抗もしてくれます!

 

もし、MNPで検討の方は特典を確認してみて「おとくケータイ.net」と「SMART PHONE STORE」で相見積もりすると良いですね♪

 

天使くん

 

新型iPhone SE+(プラス)のスペックは?

さて気になるのが新型iPhone SE+(プラス)のスペックやお値段ですよね!

 

コレに関してはiPhone 6sのスペックがそのままiPhone SEのスペックにほぼそのまま適用されてたことを考えると、、

 

『iPhone 7』=『次期iPhone SE』

 

と考えるのが自然な流れになりますよね~。

 

ここでiPhone7のスペックなんて覚えてないのでiPhone発売日同様にグラフにしてみましたのでチェックしてみましょう!

 

【iPhone6s、7、SEスペックまとめ】

※スマホの方は横向きにすると全体が表示されますよ

【iPhone 6s VS 従来iPhone SE】

 iPhone6s旧型iPhone SE
ディスプレイ・4.7インチ
・画面比率16:9
・1334×750(326ppi)
・3D Touch
・4インチ
・画面比率16:9
・1136×640(326ppi)
ストレージ16、32、64、128GB16、 64GB
CPU・Apple A9
(1.85GHz)
・デュアルコア
・Apple A9
(1.85GHz)
・デュアルコア
グラフィックGPUPowerVR GT7600
6コア
PowerVR GT7600
6コア
メモリDRAM2GB2GB
SIMカードnano SIMnano SIM
WiFi規格IEEE 802.11a/b/g/n/ac
(MIMO対応: 2 x 2)
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
コネクタLightningコネクタLightningコネクタ
背面カメラ12.0メガピクセル(4032×3024px)12.0メガピクセル(4032×3024px)
正面カメラ5.0メガピクセル(2576×1932px)1.2メガピクセル(1280×960px)
バッテリー1715mAh1624mAh
サイズ(高×幅×厚)138.3×67.1×7.1mm123.8×58.6×7.6mm
重量143g113g

 

※スマホの方は横向きにすると全体が表示されますよ

【iPhone 7 VS 新型iPhone SE】

 iPhone 7新型iPhone SE
ディスプレイ・4.7インチ
・画面比率16:9
・1334×750(326ppi)
・3D Touch
ストレージ32、128、256GB
CPU・Apple A10 Fusion
(2.33GHz)
・クアッドコア
グラフィックGPU不明
メモリDRAM2GB
SIMカードnano SIM
WiFi規格IEEE 802.11a/b/g/n/ac
(MIMO対応: 2 x 2)
コネクタLightningコネクタ
背面カメラ12.0メガピクセル(4032×3024px)
DCI-P3準拠
正面カメラ7.0メガピクセル(3088×2320px)
バッテリー1960mAh
サイズ(高×幅×厚)138.3×67.1×7.1mm
重量138g

 

iPhone7とほぼ同じスペックになるとのことですが、旧型iPhoneSEと、iPhone6sのスペックの違いを見たときに次期iPhoneSEとiPhone7のスペックの違いは、、

■画面サイズ

■WiFiがMIMO対応かどうか

■ストレージの種類

■正面カメラ

■バッテリー容量

■サイズと重量

 

と言ったところですかね♪

 

サイズと重量はインチ数が違うのでどうでもいいのですが、問題はインカメラ(正面カメラ)の性能がどこまで落ちるかが気になるところですよねw

 

発売されるストレージがどの容量になるかも人によっては問題となります!!

 

旧型のiPhoneSEの時は、16GBと64GBの2種類しかなかったので、この時、はっきり言って16GBじゃ足りねーよって方がたくさんいたと思います(笑)

→その後、32GBと64GBが発売されましたよねw

 

次の新型iPhoneSEも、流れを考えると発売されるモデルは、32GBと128GB??? →差がありすぎるね^^;

 

天使くん

まぁ、多い分には問題ないけどね!その分値段下げてくれ(笑)

 

そしてもうひとつ、WiFi規格の『MIMO対応』についてですが、今まで接続をする際に1本のアンテナを使っていたのが、MIMO対応ですと、2×2の4本になり通信スピードの向上が期待できるというものですね!

 

※詳細スペックに関しては情報が入り次第追記してまいりますね!

 

スポンサードリンク

新型iPhone SE+(プラス)の価格は?SIMフリーとしておすすめ?

最新型iPhone SE+(プラス)の販売価格についてはまだ情報が無かったです。

 

従来のiPhone SEと、そのベースとなったiPhone 6sの販売価格、そして、新型SEのベースになると噂されているiPhone7の価格をまとめてみましたので見ていきましょう!

 

【iPhone価格比較表】

※いずれも発売時の価格で、一番容量が低いモデルです

※スマホの方は横向きにするとうまく表示されますよ

 audocomosoftbankApple
iPhone 6s 16GB84,240円93,312円93,600円86,800円
旧型iPhone SE 16GB56,880円57,024円56,880円57,024円
iPhone 7 32GB79,200円82,296円87,840円72,800円
新型iPhone SE

 

いずれも、ベースとなったモデルの販売価格よりも約3万円近く安いことになりますね!

 

価格が安いということは、どういう方がターゲットになるかというと、、、

■学生ユーザー

■SIMフリーユーザー

 

学生はスマホのお金を基本的には親が払ってますので、ご両親からすれば、子供に持たせる携帯なんて安くていい!

 

って思いますよね^^;笑

 

新規の契約だとau、docomo、ソフトバンクなど各キャリアの実質スマホ本体代金は0円になることが多いです。→2年契約だけどねそして、今回の新型iPhone SEで期待されているのが、SIMフリーのスマホを使っているユーザーですね!!

 

SIMフリーユーザーのデメリットは、なんと言っても本体代金ですよね!

 

月々の使用量は安いですが、スマホを最初に一括購入するケースが多いのでiPhone SEのような性能がバッチリ良くて、低価格帯のスマホとなれば、これは下手すると、現在発売されたiPhone8よりも人気が出るのでは??

 

とも言われてますよねw

 

低価格帯ですが、いったいいくらでの販売になるのか、分かり次第こちらに追記してまいりますね♪

 

新型iPhone SE+(プラス)の新機能まとめ!

続いて新型iPhone+(プラス)に追加される可能性がある新機能についてもチェックしていきたいと思います♪

 

コレに関してはiPhone7が発売されたときに追加された新機能について見ていけば、おのずとわかってきそうなのでiPhone7が発売時に注目された新機能を復習してみましょう!

 

■おサイフケータイ「FeliCa」の追加

■防水・防塵機能の追加

■イヤホンジャックが無くなる

■スピーカーがステレオになった

■ホームボタンが凹まない仕様に変更

■広角・望遠が可能なデュアルレンズに変更

■Retina HD displayを搭載で明るい画面に

■CPUがアップグレード

■バッテリー性能の向上

 

この中でみなさんがもっとも気にしているポイントと言えば、

おサイフケータイもそうなんですけど、何と言っても『防水・防塵機能』ですよね~^^

 

防水機能は完全なる防水ではなかったですけど、あるのと無いのとではこれは全く違ってきますよね!

 

防水機能が追加されたのと伴って、iPhone7はホームボタンが凹まないタイプのTAPTICエンジンを搭載したものになりましたよね。

 

そして、iPhone7になって残念だったポイントが、イヤホンジャックが無くなったこと!!

 

天使くん

これはけっこうブーイングだったよね~(笑)

 

付属品でイヤホンジャック繋げれるようになってたけど、充電しながらできなかったから不便だったよねw

 

この流れだと新しいモデルのiPhoneSEも、イヤホンジャックは期待できませんよね^^;

 

解禁された動画をチェックすると↓↓

 

天使くん

やっぱりイヤホンジャックは無くなるのね(TдT)

 

しかし、間違いなくカメラの性能は上がると予想されますよね!

インカメラがどこまで落ちるかが見ものです(笑)

 

スポンサードリンク

新型iPhone SE+(プラス)のカラーは?

新型iPhone SE+(プラス)のカラーですが、旧iPhone SEが発売された時はiPhone 6Sのカラーラインナップがそのまま継承されたことは嬉しかったですよね♪

 

それを考えると、次期iPhone SEも、iPhone7のカラーラインナップが継承される可能性があるということですね^^

 

最近、解禁されたiPhoneSE+(プラス)の動画からカラーを見てみるとしましょう♪

 

 

なるほど♪

 

カラーラインナップは4色、、、

■ジェットブラック

■スペースグレー

■ゴールド

■ローズゴールド

 

でしたね!!

 

人気のカラーはやはりジェットブラックやゴールド、ローズゴールドになりそうですよね♪

 

ん???

シルバーが無いぞ(゜o゜;

 

人気が無いカラーなのかなぁw

確かに人気はジェットブラックやゴールド系ですからね。

→このあたりはショップでも先に売り切れになってましたよね

 

新型iPhone SE +(プラス)のデメリットまとめ!

iPhone SEですが、新型が発売されたら、現在の4.7インチのiPhoneから乗り換えよ~かなぁとちょっと考えているけど、なにか不便なことあるのかな??

 

と気になったので、これから実はiPhoneSEのサイズにしたかったんだよねぇという方は一緒にチェックしていきましょう♪

 

【iPhone SEに乗り換えたときのメリット・デメリットまとめ】

メリットについても先ほどから記載しているように、熱狂的なファンが多い4インチサイズのディズプレイで片手操作がラクラクに出来るという点と、なんといってもコスパ!ですよね♪

 

しかし、デメリットはどのような点があげられるのでしょうか?

 

※旧型iPhone SEの発売時のデメリットです

■iPhone5sとデザインが変わってない

■本体の角が滑りにくい

■3D Touchが非対応

■iPhone6sよりも速度が遅い

■FaceTimeの画質が悪い

■Touch IDの反応が悪い

■ストレージのバリエが少ない

 

挙げていくとこんな感じだったみたいですね!

 

本体の角が滑りにくいというのは、本体はiPhone5sのデザインがそのまま採用されたのですが、角のエッジ部分が滑りにくい素材に変更されていたようで滑りにくくて引っかかるというクレームがあったみたいですねw

→これは使う人しか気づかなかったよね^^;

 

そして、中身の性能はアップデートしたのに、デザインが変わらないのってどうなの??

 

という文句もあったようですね、確かに、少しはデザインもカッコよくして欲しかったですね(笑)

 

そして、『Touch IDの反応が悪い』ということだったんですが、実は、旧型iPhone SEに搭載されていたTouch IDは1世代前のものだったようで、iPhone6sに比べると反応が悪かったらしいですね(゜o゜;

 

そして『FaceTimeの画質が悪い』は、単純にインカメラ(正面カメラ)の性能が低いので当然FaceTimeの画質も落ちるということなんですよね。

 

FaceTimeって外人しかあんまり使ってないような気がするのはわたしだけ??笑

 

天使くん

SEは値段が安くなったので、色々機能を落としているのは仕方ないよねw

 

これらを踏まえると、新型iPhone SEも低価格帯での発売が予想できるので、つまり性能面ではところどころ廉価版に変更される可能性が高いということですね!

 

※新型iPhone SEデメリットに関しては情報が入り次第追記してまいりますね!

 

スポンサードリンク

新型iPhone SE +(プラス)のデザインは?

現在、噂されている新型iPhone SE+(プラス)のデザインはどのようになるのか先ほどの動画でチェックしてみましょう!

 

さすがに、またiPhone5sとデザインなんて残念なことはappleさんはしないと思いますのでデザインについてまとめてみましたがこれがiPhoneXのデザインを採用している!?

 

サイズ感

 

iPhone SEシリーズの最大のウリであるサイズ感は健在♪

 

iPhoneSE+(プラス)のカド

 

画面いっぱいまで液晶を広げてくれてます、従来の4.0インチ→4.7インチになったみたい♪

 

これで、iPhoneSEシリーズのデメリットでもあった液晶サイズの小ささは改善されましたね!

 

前面カメラ

 

前面カメラはおそらくiPhoneXと同じくTrueDepthカメラシステムを搭載していると思われます!

 

赤外線カメラ、メインカメラ、ドットプロジェクターなどを集めたもので、ユーザーの顔を3万ヶ所の頂点情報で立体的に認識するシステムです!

 

背面カメラ

 

背面カメラは、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusでは1200万画素でしたね、カラーフィルタや光学手ぶれ補正機構、暗所により強い性能を発揮するという内容でした!

 

iPhoneSE+(プラス)ではシリーズ上、低価格を売りにしているためココの性能は少し落ちるかもしれませんねw

 

Touch ID

 

もちろんTouchIDも残してくれてますが、iPhoneX同様にホームボタンは無くなってますね!

 

ボタンだとどうしても隙間ができるのでこれは防水機能の関係もあると思いますが、防水になる可能性が上がりましたね♪

 

iPhone SEの最大の特徴といえば、昔ながらのサイズ感ですよね!

 

これを無くしてしまうと、もはやiPhone SEとは言えませんよね(笑)

 

噂によると、新型iPhone SE+(プラス)はすでに生産が進められており、インドで先行販売されるという情報があるようですね!

 

実際に、ティム・クックCEOが投資家会議にて、

「より多くのエネルギーと資金をインド市場の拡大のために注ぎ込んでいる」

とコメントしていることと、2016年にはインドのスマートフォン市場が3億人を突破しており、出荷台数も前年比で18%も伸びているということ。

 

そして、iPhoneが昔よりも売上が下がっていることを考えるとインド市場に先行販売されるということは自然な流れですよね!

※最新の追加情報が入り次第こちらの記事にアップしていきますね♪

 

スポンサードリンク