【ドラマ海月姫】倉下月海役の芳根京子とは?演技の評価もチェック

こんにちは♪

 

今年もあと2ヶ月をきったのですが、年内に終わらせないといけないことが結構目白押しでそこそこ忙しい日々を過ごしています。

 

張りもあり加えて年間の集大成の研究発表も控えていますので、緊張感を持って資料の作成もしています(^_^)v

 

介護関係の仕事をしている関係上ある利用者さんを対象に色々な取り組みを今年を通して行なってきました!

 

その発表を来月に控えていよいよって感じです ♪

 

もうひと踏ん張り頑張っていいものを作りたいと思います\(^o^)/

 

それでは今回はドラマ「海月姫」の『倉下月海』役の「芳根京子」さんにスポットを当ててご紹介したいと思います٩(^‿^)۶

 

天使くん

電子書籍サイトならまとめ買いが安いebook Japanがやっぱ良いよね♪

→【PR】ebook Japanで原作の海月姫を見てみる

映画の海月姫を見るならhuluが2週間無料だよ♪

→【PR】Huluで映画「海月姫」を見てみる

アニメなら無料ポイントがもらえて、31日間無料のU-NEXTだね♪

→【PR】U-NEXTでアニメ「海月姫」を見てみる

※2017年11月の情報です、配信終了になっている可能性もあるので詳細は公式ホームページを確認してください。

スポンサードリンク

倉下月海役の芳根京子とは?

 

《プロフィール》

生年月日:1997年2月28日(20歳)
出生地:東京都
身長:159 cm
血液型:A型
職業:女優
ジャンル:映画・テレビドラマ・CM
活動期間:2013年〜
事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント
公式サイト:YOSHINE KYOKO Powered by ownd
公式インスタ:http://instagram.com/yoshinekyoko

《過去の主な出演作》

【映画】

・『先輩と彼女』(2015年10月17日 東映)
ヒロイン・都筑りか 役

・『64 -ロクヨン』 前編・後編(2016年5月7日・
6月11日、東宝)-三上あゆみ 役

・『わさび 』(2017年8月26日)
主演・山野葵 役

【テレビドラマ】
・『ラスト♡シンデレラ』
(2013年4月11日〜6月20日 フジテレビ)
武内咲 役

・『花子とアン』第22週 – 第26週
(2014年8月25日〜9月27日、NHK)
宮本富士子 役

・『表参道高校合唱部!』
(2015年7月17日〜9月25日 TBS)
香川真琴 役

・『探偵の探偵』
(2015年7月9日〜9月17日 フジテレビ)
紗崎咲良 役

・『べっぴんさん』
(2016年10月3日〜2017年4月1日)
ヒロイン・坂東すみれ 役

 

その他多数出演しています(^_^)v


《デビューのきっかけ》

都立高校1年生のとき、友達に誘われて行った『遊助』(所属事務所の先輩にあたる)のライブ会場でスカウトされ芸能界入りします ♪

 

その後芸能界入りしたのをきっかけに通信制高校に転校。

 

2013年にフジテレビ系ドラマ『ラスト♡シンデレラ』で女優デビュー(^○^)

 

このドラマで主演を務めた『篠原涼子』さん(事務所の先輩にあたる)を憧れの人として挙げています(^_^)v

 

耳にクロワッサン みみクロ〜 #film #NewDays

A post shared by 芳根京子 (@yoshinekyoko) on

 

《意外な過去》

「芳根京子」さんは芸能界デビューする前の中学2年生の時、『ギラン・バレー症候群』という難病を発症した過去を持っています!

 

『ギラン・バレー症候群』とは、脳が筋肉を動かす指令をうまく出せなくなり、手足に力が入らなくなるという病気で、重症化すると呼吸機能までが侵され、最悪の場合は亡くなる方もいる『特定疾患』です。

 

天使くん

この病気を1年ほどで克服しましたが、発症後も結構苦労したようですね。

 

スポンサードリンク

倉下月海ってどんな役?

「海月姫」の主人公『倉下月海』は極度に視力が悪くメガネなしでは、ほとんど何も見えない女性。

 

イラストレーターを夢見て、生まれ育った鹿児島県から上京します。

 

しかし、専門学校に通うわけでも、イラストを売り込むわけでもなく、とあるアパートで自分たちを“尼~ず(あまーず)”と呼ぶ『オタク女子』たちと一緒に生活します。

 

外部との接触を避けて自分だけの世界にどっぷりと浸りながら、風変わりでマニアックな青春を送っていましたσ(^_^;)

 

🐴🐴 #film #北海道

A post shared by 芳根京子 (@yoshinekyoko) on

 

『月海』は三度の飯よりクラゲが好きすぎてたまらない筋金入りの『クラゲオタク女子』です。

 

月海は幼い頃に大好きな母親と水族館に訪れた際に初めて見たクラゲに「お姫様のドレスみたい」とすっかり魅了され、そんな月海に母は「クラゲのようなウエディングドレスを作ってあげる」と約束しますが、ほどなくし幼い「月海」を残して母は病死。

 

以降クラゲ自体の美しさ、愛らしさに引き込まれただけでなく、亡き母親への思慕の対象として、今に至るまで月海は人生のほとんどをクラゲに費やしてきました!

 

なのでクラゲ以外のことには興味がなく、たとえば自分の外観には無頓着で常にスッピン、服装は主にスエットで過ごしている典型的な『オタク女子』です(^_^;)

 

天使くん
いろいろ共感できるよね~w

 

ストーリーとしてはそんな「月海」はある日、クラゲがきっかけで誰もが注視してしまう美女、その実ファッション好きが高じて女装を趣味としている一方、これまで付き合った女性は数知れないイケメンのプレイボーイと出会います。

 

しかもイケメンプレイボーイは与党の最大派閥を率いる大物国会議員の父の秘書を務める一方、これまで交際した女性は皆無という超堅物な童貞エリートという兄弟も持っていたのです。

 

嫌々ながらも月海は凸凹兄弟とつながりを持つうちに、クラゲが漂うように少しずつ、新しい自分や新しい生き方を見つけ、さらに凸凹兄弟とまさかの三角関係になり、一生縁がないと思っていた恋を知るようになります!

 

そしてイラストレーターという夢にも凸凹兄弟の影響が波及してきて・・・。

 

ここから先の展開がどうなるか楽しみなストーリーですね(^_−)−☆

 

 

芳根京子の演技の評価は?

芳根京子さんの演技の評価をツイッターでみんなの反応から探ってみましたw

 

https://twitter.com/ko_eight/status/926032086980370432

https://twitter.com/us1u25ne74kjgiw/status/928132305381605376

https://twitter.com/sukipi_k/status/926064161943044097

https://twitter.com/kazumama731/status/894876607009103872
とにかく演技力が素晴らしく、観ていてその世界に引き込まれるという内容の評価が多く、絶賛されています。

 

「芳根京子」さんの演技力の高さについてのエピソードとして『オーディション荒らし』と呼ばれるほど、高い演技力やヒロイン性を持っており、同世代の女優さんが集まるオーディションに芳根京子さんの名前があると他の若手女優さんの担当者が肩を落として諦めるというツワモノだったようです(^_−)−☆

 

そのため『オーディションで会いたくない女優No,1』なんて言われているそうです!

 

まとめ

清楚で堅い役が多い「芳根京子」さん

 

その一面でコミカルな役も好演出来るそうなので、ドラマ「海月姫」ではどんな演技を“魅せて”くれるのか今からとても楽しみです(^_^)v

 

そしてこれからも日本を代表する超演技派の若手女優さんとして飛躍されることを期待しながら応援したいと思います٩(^‿^)۶

それでは今回はこの辺で\(^o^)/

 

天使くん

電子書籍サイトならまとめ買いが安いebook Japanがやっぱ良いよね♪

→【PR】ebook Japanで原作の海月姫を見てみる

映画の海月姫を見るならhuluが2週間無料だよ♪

→【PR】Huluで映画「海月姫」を見てみる

アニメなら無料ポイントがもらえて、31日間無料のU-NEXTだね♪

→【PR】U-NEXTでアニメ「海月姫」を見てみる

※2017年11月の情報です、配信終了になっている可能性もあるので詳細は公式ホームページを確認してください。

スポンサードリンク