【きみが心に棲みついた】小川今日子役の吉岡里帆の演技評価は?

こんにちは♪

最近収穫の秋のせいか実家からもらった新米が美味しくてついつい食べてしまいます(^○^)

 

炭水化物の誘惑は非常に危険ですね!

 

米が美味しいのでおかずは一緒でも明らかに食べる量は増えていますσ(^_^;)

 

一見健康的ではあるものの体重が増えることによって僕自身結構リスクが高くなるので気をつけないといけません!

 

代謝があまり良くなく吸収が早いこともあるので、本当に気をつけたいと思いますw

 

でもホントご飯は美味しいですよね(^○^)

皆様は食を楽しまれて下さい(^_−)−☆

 

それでは今回はドラマ「きみが心に棲みついた」『小川今日子』役「吉岡里帆」さんに スポットを当ててご紹介したいと思います(^○^)

 

天使くん

電子書籍サイトならまとめ買いが安いebook Japanがやっぱ良いよね♪

→【PR】ebook Japanで原作の「きみが心に棲みついた」を見てみる

スポンサードリンク

小川今日子役の吉岡里帆とは?

《プロフィール》

生年月日:1993年1月15日(24歳)
出生地:京都府京都市右京区
身長:158 cm
血液型:B型
職業:女優・グラビアタレント
活動期間:2013年〜
事務所:エーチームグループ

《主な出演作》

 

【映画】

・『明烏』
(2015年5月16日 ショウゲート)
ヒロイン・明子 役

・『つむぐもの』
(2016年3月19日 マジックアワー)
沢井涼香 役

・『ハッピーウエディング』
(2016年11月5日 アルタミラピクチャーズ
片島章三監督)
主演・相川愛子 役

・『STAR SAND-星砂物語』
(2017年8月4日 The STAR SAND Team)
保坂志保 役
【ドラマ】

・『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』
(2016年10月11日 – 12月13日 関西テレビ)
田丸綾香 役

・『カルテット』
(2017年1月17日 – 3月21日 TBS)
来杉有朱 役

・『ごめん、愛してる』
(2017年7月9日 – 9月17日 TBS)
三田凛華 役
【CM】

・リクルート ゼクシィ『ふたりの法則』
踊りだしたら篇(2016年5月〜)
9代目CMガール。

・日清食品 どん兵衛(2017年5月18日 – )
「どんぎつね」篇
「どんぎつね出てきません」篇

 

など多数出演しています(^_^)v

 

 

吉岡さんが大々的に注目され始めたのは『ゼクシィ』の9代目CMガールに抜擢されてからだと個人的には思います ♪

 

まあ僕自身その時初めて観たのですが、びっくりするくらい綺麗で、そのCMに釘付けになりました(*⁰▿⁰*)

 

その後映画やドラマで目にする機会も増え、前クールで終わったドラマ『ごめん、愛してる』の三田凛華役で胸を打たれメロメロになり、「どん兵衛」のCMの『どんぎつね』の可愛さにすっかり虜になり重病化してしまいました(o^^o)

 

天使くん

どん兵衛のCMは反則級にカワイイよね♪

 

とにかく綺麗で可愛くてそして演技も大好きです(^○^)


《意外な過去》

特技の中に『書道』があるのですが、なんと段位は『八段』で、『書道家』を目指して大学に進学しています( ^ω^ )

 

ただその後演劇への思いが捨てきれず『書道家』の道は諦めています。


《意外な一面》

結構見た感じはおっとりしていて、あまり時間に左右されない印象を受けますが、その実すごくせっかちで、1日のスケジュールに空白があるのが嫌だそうです。

 

分単位で予定を入れ込むほどの行動派であり、ある意味ストイックな性格の持ち主だそうです(゜o゜;

意外ですねw

 

スポンサードリンク

小川今日子ってどんな役?

「小川今日子」は下着メーカー『ワンナナコール』の材料課勤務の28歳

 

自分に自信が持てず、いつも周りに流されてしまうネガティブな性格で、テンパると吃(ども)って挙動不審になることから「キョドコ」というあだ名で呼ばれていますσ(^_^;)

 

母親も「今日子」を恥ずかしいと考え、妹ばかりを可愛がっていた。

 

”sweet” 河北さん連載💄 @kawakitayusuke @sweet_editors

A post shared by 吉岡里帆 (@riho_yoshioka) on

 

そんな「今日子」だったが、大学時代に悩む自分に「そのままでいい」と言ってくれた先輩の「星名蓮」のことを好きになり、彼の言うなりに行動した結果、心も体も傷ついたが、彼のことを忘れられないまま、新しい恋に踏み出すことも出来ずにいますσ(^_^;)

 

かつて「星名」にやってもらったように、ストールの中尾巻き(ねじねじ)をすると、多少なりとも心が落ち着き、合コンで出会った出版社『講英館』の『パガヅン』編集者吉崎に勢いで告白します。

 

 

もっと親しくなりたいと思っていた時に星名と再会し、関わらないようにしようと思う心と、重石のように心を占める気持ちとがせめぎ合い、結局「自分にはこの人しかいない」と思うようになり、再び心を「星名」に囚われてしまいます(^_^;)

 

そんな「今日子」が「星名」の呪縛から解放され「吉崎」と結ばれるのかそれとも「吉崎」とは結ばれず、「星名」に心も身体も囚われてしまうのか?

 

天使くん

新感覚のラブ”ホラー”ストーリーの結末を握る主人公です(^_−)−☆

 

吉岡里帆の演技の評価は?

吉岡里帆さんの演技の評価についてTwitterからみんなの意見を覗いてみましょう♪

 

 

演技派としての評価が高い反面『演技があざとい』や『演技よりも胸だけ』などの批評もあり、世間一般的には賛否両論という感じですねw

 

天使くん

まぁ最近は、あざといって良い意味で言われますけどね♪

 

役柄によって得意不得意があるかもしれませんが、今後の役柄の演じ方によって評価が良い方にも悪い方にも変わってくるので、これからが女優としての真価が問われてくると思われます(^_^)v

 

 

まとめ

今後女優としての活躍が楽しみな「吉岡里帆」さん

 

個人的には大好きであり、かなり贔屓目に見てしまいますが、客観的に見てかなり努力をされているようで、作品ごとに演技も上手くなっているように思います٩(^‿^)۶

 

できればこれから先マルチな演技で1つの役どころにこだわることなく、幅広い女優さんになって欲しいと思います(^○^)

 

最後に個人的にはものすごく応援しています(^_−)−☆

ホント今後が楽しみですね、

それでは今回はこの辺で\(^o^)/

 

天使くん

電子書籍サイトならまとめ買いが安いebook Japanがやっぱ良いよね♪

→【PR】ebook Japanで原作の「きみが心に棲みついた」を見てみる

スポンサードリンク