【きみが心に棲みついた】吉崎幸次郎役の桐谷健太の演技評価は?

こんにちは♪

最近仕事が多少忙しいこともあり、ストレス的なものも結構溜まっています(^_^;)

 

そんな時は少し長めのお風呂に入ったり、お酒を飲んだりしながらストレス解消するのがとてもいいですね(^_^)v

 

以前から自分はあまり趣味ってないなと思っていましたが、これが僕のストレス解消だけではなく、一種の趣味なんですね ♪

 

最近気づきました(^_−)−☆

 

趣味を満喫しながらストレス解消して残り少ない今年も頑張ろうと思います\(^o^)/

 

それでは今回はドラマ「きみが心に棲みついた」『吉崎幸次郎』役「桐谷健太」さんに スポットを当ててご紹介したいと思います。

 

天使くん

電子書籍サイトならまとめ買いが安いebook Japanがやっぱ良いよね♪

→【PR】ebook Japanで原作の「きみが心に棲みついた」を見てみる

スポンサードリンク

吉崎幸次郎役の桐谷健太とは?

《プロフィール》

本名:桐谷 健太
生年月日:1980年2月4日(37歳)
出生地:大阪府
身長:181 cm
血液型:O型
職業:俳優・歌手
ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台
活動期間:2002年〜
配偶者:既婚(2014年)
事務所:ホットロード
趣味:旅・妄想・散歩・銭湯
特技:どこでも眠れる事・ドラム・
三線(さんしん)の演奏

 

追加として2014年一般女性と婚姻。

 

さらに夫人が妊娠中であることを公式ブログにて発表し、同年第1子誕生。

 

2016年第2子誕生を報告しており、二児のお父さんでもあります(^○^)

 

また歌手として、au三太郎シリーズのCMソング『海の声』では歌だけでなく、特技の三線の演奏も実際に行っています(^_^)v


《主な出演作》

 

【映画】

・『GROW 愚郎』
(2007年9月8日 チェイスフィルム
エンタテインメント)
主演・村上敦 役
・『クローズZERO』(東宝)
『クローズZERO』(2007年10月27日)
『クローズZERO II』(2009年4月11日)
辰川時生 役
・『BECK』
(2010年9月4日 松竹)
千葉恒美 役

・『火花』
(2017年11月23日 東宝)
主演・神谷 役(菅田将暉とダブル主演)
【ドラマ】

・『タイガー&ドラゴン』(TBS)
スペシャルドラマ『タイガー&ドラゴン』
(2005年1月9日)
『タイガー&ドラゴン』
(2005年4月〜6月)
チビT 役
・『ROOKIES』(TBS)
『ROOKIES』
(2008年4月 – 7月)
『ROOKIESスペシャル』
(2008年10月4日)
平塚平 役
・『JIN-仁-』(TBS)
『JIN-仁-』
(2009年10月11日 〜12月20日)
『JIN-仁- 』完結編
(2011年4月17日〜6月26日)
佐分利祐輔 役
・『水族館ガール』
(2016年6月17日〜9月2日 NHK総合)
主演・梶良平 役(松岡茉優とダブル主演)
【CM】

・KDDI『au三太郎シリーズ』
(2015年1月〜)
浦島太郎(浦ちゃん)役

・日本ケンタッキー・フライド・チキン
(2016年6月1日〜)
・武田薬品工業『アリナミンV』
(2017年5月22日〜)

 

などそれ以外にも多数出演しています(^_^)v


《略歴》

大阪府立桜塚高等学校卒業後に駒沢大学進学を機に上京し、俳優養成所『アクターズクリニック』で演技を学びます。

 

その後モデル事務所や個人事務所を経て、2002年に現在の芸能事務所『ホットロード』に所属します!

 

同年テレビドラマ『九龍で会いましょう』の山崎ケン役で俳優デビューを果たします(^○^)

 

吉崎幸次郎ってどんな役?

出版社「講英館」の『パガヅン』編集者で、合コンで今日子と知り合い、「ちゃんとした恋愛がしたい」という今日子に嫌悪感をあらわに説教し、そのはっきりとした態度を気に入られ懐かれてしまうσ(^_^;)

 

 

今日子のひたむきさに接し、次第に態度を軟化させ、厳しいながらも誠実に対応し、メールのやり取りなどを続けるが、今日子と仲が良いことで「今日子」の大学の先輩「星名」に狙われてしまいます(^_^;)

 

「今日子」と「吉崎」そして『星名」の恐怖の三角関係の結末がどうなるのか楽しみであり、ドラマのキーを握る人物の1人です(^_−)−☆

 

スポンサードリンク

桐谷健太の演技の評価は?

桐谷健太さんの演技の評価についてTwitterからみんなの意見を覗いてみましょう♪

 

https://twitter.com/fuwafuwaneko204/status/884052575539965957

 

特に演技面で評価を得ていたのが『目の演技』が凄いとの高評価が多かったですね(^_^)v

 

あと好感度が高く役者だけでなく、人としても好きというものや歌唱力の高さとauの『浦ちゃん』のキャラに対する高評価も多かったです٩(^‿^)۶

 

ただその反面その『浦ちゃん』のイメージが定着したせいで、全ての演技が『浦ちゃん』とダブってしまうという評価もありましたw

 

#桐谷健太 #ポートレート #portrait #網中健太 #kentaaminaka

A post shared by Kenta Aminaka (@kentaaminaka_photo) on

 

個人的な桐谷さんの役柄のイメージはテンションの高い底抜けに明るいキャラって感じで、それが自分にとっては1番しっくりするしこの役柄に関しては無敵だと思います(^_^)v

 

というのも最初に桐谷さんを観たのが「タイガー&ドラゴン」の『チビT』役であり、ツイッターで書いてる人もいましたが、僕も未だに『チビT』と言っています♪

 

そして『チビT』以降桐谷さんの役柄を決定付けたのは「ルーキーズ」の平塚役ですね( ^ω^ )

 

原作の漫画も読んでいただけにリアル平塚って感じでドラマを楽しむことが出来ました(^_^)v

 

 

ただマルチに活躍するためには当然シリアスな役も演じないといけませんが、これまでに定着したイメージが拭いきれないのも事実です。泣

 

これまでの役者としての経験もかなり積まれてきているし、中々キャラ変するのは難しいとは思いますが、高評価の裏にある一部の低評価はそれらを踏まえたものが大きいと思われますσ(^_^;)

 

まとめ

とにかく今『熱い男』として好感度の高い役者である「桐谷健太」さん

 

個人的には僕はこういう個性の強い『熱い役者』さんが大好きです(^○^)

 

そして人間的にも包み隠さず本音を見せるコテコテの関西人というところも好印象が持てます(^_^)v

 

これから更にドラマや映画そしてCMなど様々なメディアで活躍されると思いますが、僕自身出来る限り観るようにして応援したいと思います(^_−)−☆

 

『頑張れチビT』♪

それでは今回はこの辺で\(^o^)/

 

天使くん

電子書籍サイトならまとめ買いが安いebook Japanがやっぱ良いよね♪

→【PR】ebook Japanで原作の「きみが心に棲みついた」を見てみる

スポンサードリンク