大河ドラマ西郷どん愛加那役の二階堂ふみとは?演技の評価もチェック

スポンサードリンク

こんにちは。

すっかり寒くなり布団から中々出られない季節になりました ♪

本当に気持ちがいいですね♪( ´▽`)

 

基本僕の場合寝すぎて起きれないということはほぼないのですが、この時期だけは目覚めていても布団から出れません。

 

そうこうしているとたまに二度寝して慌てて飛び起きることがありますw

 

それくらい気持ちよくて布団から出られずダメですね。泣

 

『あと5分あと5分』がついついクセになる今日この頃ですw

皆様もくれぐれもお気をつけ下さい\(^o^)/

 

それでは今回は、大河ドラマ「西郷どん」『愛加那』役「二階堂ふみ」さん二階堂ふみスポットを当ててご紹介したいと思います(^○^)

スポンサードリンク

愛加那(あいかな)役の二階堂ふみとは?

#二階堂ふみ

A post shared by 二階堂ふみ (@tukigimehime) on

 

《プロフィール》

本名:二階堂 ふみ
生年月日:1994年9月21日(23歳)
出生地:沖縄県那覇市
身長:157 cm
血液型:O型
職業:女優、ファッションモデル
ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台
活動期間:2007年 –
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

《略歴》

幼い頃より映画好きの母に連れられて映画館へ足を運び、映画女優を志しますw

 

12歳の時にフリーペーパー『沖縄美少女図鑑』Vol.4掲載のグラビアでデビュー♪

 

そのグラビアがマネージャーの目に留まり、沖縄に駆けつけたマネージャーによってスカウトされ芸能界入りします(^_^)v

 

ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルを務めるなど、ファッションモデルとしてファッション誌や広告へ出演。

 

2007年にテレビドラマ『受験の神様』で女優としてデビュー。

 

2008年12月、ソニーミュージックがプロデュースしたケータイ音楽ドラマ『DOR@MO』の1編『キミに歌ったラブソング』で初主演。

 

2009年公開の役所広司初監督作品『ガマの油』でオーディションを経てヒロイン役に抜擢され劇場映画デビュー。

 

天使くん

「ポスト宮﨑あおい」として関係者の注目を集めますw

 

沖縄と東京を行き来しつつ仕事をしていたが、高校進学を機に上京。

 

2011年に『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』で映画初主演♪

 

『第3回TAMA映画賞最優秀新進女優賞』ならびに『第26回高崎映画祭最優秀助演女優賞』を受賞。

 

また、『第68回ヴェネツィア国際映画祭』に出品された園子温監督作品『ヒミズ』で、最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

 

2013年には映画『ヒミズ』『悪の教典』での演技により第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞(^_^)v

 

また出演映画3作品(『脳男』『地獄でなぜ悪い』『四十九日のレシピ』)での演技が評価され、『第35回ヨコハマ映画祭』および『第56回ブルーリボン賞にて助演女優賞』を受賞。

 

また、2013年3月には舞台『八犬伝』で初舞台を踏みます!

 

2014年には映画『私の男』でこれからの活躍を期待する若手俳優に贈られる『ニューヨーク・アジア映画祭 (New York Asian Film Festival) ライジング・スター・アワード』を日本人で3人目の受賞。

 

また、日本映画テレビプロデューサー協会よりその年に最も活躍した将来有望な俳優に贈られる『2015年エランドール賞新人賞』も受賞しました(^_^)v

 

2016年9月23日に、日本テレビ系金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画『がっぱ先生!』でテレビドラマ初主演。

 

2017年11月23日放送の『ぐるぐるナインティナイン』において、「ゴチになります」を卒業することを発表。


《主な出演作》

#二階堂ふみ

A post shared by 二階堂ふみ (@tukigimehime) on

【映画】

・劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ
(2011年4月2日、SPOTTED PRODUCTIONS、監督・入江悠)
主演・成田美知子 役
・指輪をはめたい
(2011年11月19日、ギャガ / キノフィルムズ、監督・岩田ユキ)
エミ 役
・ヒミズ(2012年1月14日、ギャガ、監督・園子温)
主演・茶沢景子 役
・王様とボク
(2012年9月22日、ユナイテッドエンタテインメント、監督・前田哲)
キエ 役
・悪の教典(2012年11月10日、東宝、監督・三池崇史)
片桐怜花 役
・脳男(2013年2月9日、東宝、監督・瀧本智行)
緑川紀子 役

・地獄でなぜ悪い
(2013年9月28日、キングレコード / ティ・ジョイ、監督・園子温)
ヒロイン・武藤ミツコ 役
・四十九日のレシピ(2013年11月9日、ギャガ、監督・タナダユキ)
イモ 役
・ほとりの朔子(2014年1月18日、和エンタテインメント、監督・深田晃司)
主演・朔子 役

・私の男(2014年6月14日、日活、監督・熊切和嘉)
主演・腐野花 役

・渇き。(2014年6月27日、ギャガ、監督・中島哲也)
遠藤那美 役

・日々ロック(2014年11月22日、松竹、監督・入江悠)
ヒロイン・宇田川咲 役

・味園ユニバース(2015年2月14日、ギャガ、監督・山下敦弘)
ヒロイン・佐藤カスミ役

・ジヌよさらば〜かむろば村へ〜
(2015年4月4日、キノフィルムズ、監督・松尾スズキ)
青葉 役

・この国の空
(2015年8月8日、ファントム・フィルム / KATSU-do、監督・荒井晴彦)
主演・田口里子 役

・蜜のあわれ(2016年4月1日、ファントム・フィルム、監督・石井岳龍)
主演・赤子役

・オオカミ少女と黒王子
(2016年5月28日、ワーナー・ブラザース、監督・廣木隆一)
主演・篠原エリカ 役(山﨑賢人とW主演)

・ふきげんな過去(2016年6月25日、東京テアトル、監督・前田司郎)
主演・果子 役(小泉今日子とW主演)

・SCOOP!(2016年10月1日、東宝、監督・大根仁)
ヒロイン・行川野火 役

・何者(2016年10月15日、東宝、監督・三浦大輔)
小早川理香 役


【テレビドラマ】

・受験の神様 第1話(2007年7月14日、日本テレビ)
冒頭女子児童 役
・大河ドラマ 平清盛 第36話 – 最終話(2012年9月16日 – 12月23日、NHK)
平徳子 役
・Woman(2013年7月3日 – 9月11日、日本テレビ)
植杉栞 役
・東野圭吾「変身」(2014年7月27日 – 8月24日、WOWOW)
ヒロイン・葉村恵 役

・大河ドラマ 軍師官兵衛 第31話 – 最終話(2014年8月3日 – 12月21日、NHK)
淀(茶々) 役

・遠い約束〜星になったこどもたち〜(2014年8月25日、TBS)
ヒロイン・水野有希子 役

・問題のあるレストラン(2015年1月15日 – 3月19日、フジテレビ)
新田結実 役
・そして、誰もいなくなった(2016年7月 – 9月、日本テレビ)
ヒロイン・倉元早苗 役

・金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画『がっぱ先生!』
(2016年9月23日、日本テレビ)
主演・村本愛子 役

・トーキョー・ミッドナイト・ラン(2016年12月22日、フジテレビ)
主演・ナオ 役

・しあわせの記憶(2017年1月8日、MBS・TBS)
冬花 役

・住住(2017年1月 – 、日本テレビ)
ヒロイン・二階堂ふみ 役
・もしもドラマ がんこちゃんは大学生(2017年3月6日-9日、NHK)
主演・がんこちゃん 役
・フランケンシュタインの恋(2017年4月23日 – 、日本テレビ)
ヒロイン・津軽継実 役


【バラエティ】

『ぐるぐるナインティナイン(日本テレビ)』
・グルメチキンレース・ゴチになります!17(2016年1月2日 – 12月22日)
レギュラー

・グルメチキンレース・ゴチになります!18(2017年1月2日 – 12月)
レギュラー


【受賞歴】

#二階堂ふみ

A post shared by 二階堂ふみ (@tukigimehime) on

『2011年度』

・第26回 高崎映画祭 最優秀助演女優賞
(『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』)
・第3回 TAMA映画賞 最優秀新進女優賞
(『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』)
・第16回 日本インターネット映画大賞 ニューフェイスブレイク賞
(『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』、『指輪
をはめたい』)

 

『2012年度』

・第68回ヴェネツィア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞
<新人賞>(『ヒミズ』)
・第36回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『ヒミズ』、『悪の教典』)
・第17回日本インターネット映画大賞 主演女優賞
(『ヒミズ』、『悪の教典』)

 

『2013年度』

・第35回ヨコハマ映画祭 最優秀助演女優賞
(『地獄でなぜ悪い』、『四十九日のレシピ』、『脳男』)

・第56回ブルーリボン賞 最優秀助演女優賞
(『脳男』、『地獄でなぜ悪い』、『四十九日のレシピ』)

・第23回東京スポーツ映画大賞 助演女優賞
(『地獄でなぜ悪い』、『四十九日のレシピ』)

 

『2014年度』

・第38回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞
(『私の男』)

・第6回 TAMA映画賞 最優秀女優賞(『私の男』)
・第13回ニューヨーク・アジア映画祭 ライジングスター・アワード
(『私の男』)
・第39回エランドール賞 新人賞

・第24回 日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞
(『私の男』『ほとりの朔子』)
などこれ以外にも多数の作品に出演され、数々の賞も受賞し、今や押しも押されぬ若手筆頭の大女優さんです♪

 

スポンサードリンク

西郷の2人目の妻”愛加那”ってどんな役?

「愛加那」(あいかな/あいがな、天保8年(1837年)ー明治35年(1902年)8月)さんは、西郷さんが安政の大獄により、奄美大島に流罪となった時の島妻です!

 

当時の薩摩藩の藩法で島滞在中だけの妻となり、約3年間を西郷さんと共に過ごしています。

 

ちなみに「愛加那」さんは奄美大島・龍郷の名家である『龍家』(1726年に田畑姓を与えられ、1785年に龍に改姓)の龍為志(りゅう・ためし)さんの娘。

 

『田畑家家譜』等によると、元々『田畑家』・『龍家』は奄美大島本島の支配者・笠利(かさり)氏を名乗り、

 

本祖である為春(ためはる、1482年-1542年)さんは琉球の尚稷王(しょう・しょくおう、1434年没)の孫とされています(^ ^)

 

また『田畑家』・『龍家』は家祖以来、明治維新まで奄美の為政者として存続しています。

 

また上記家譜や『鹿児島外史』によると、『田畑家』・『龍家』の先祖笠利氏は『源為朝』の嫡流であると言われていますw

 

「愛加那」さんの母は『枝加那』(えだかな/えだがな)。

 

「愛加那」さんは異母兄弟を含め5人兄弟の4番目(次女)です。

幼名は「於戸間金」(おとまがね/おとまがに)。

「於」は尊称、「金」は加那の古称なので、名は「とま」。

結婚時に西郷さんが「愛」の名を与え、「愛加那」と名を変えました(愛子とも云われる)。

 

西郷さんとの間に生まれた長子は『西郷菊次郎』さん。娘の『菊草』(きくそう)さんは大山誠之助(大山巌の弟)さんの妻となりましたw

 

二階堂さんも沖縄の出身なので、ルーツを辿ればもしかしたら「愛加那」さんと接点があるかもしれませんね・・・

 

二階堂ふみの演技の評価は?

 

まあ演技力に関して言うまでもなく、絶大な評価を得ていますね(^_−)−☆

どのような役柄に対しても無難に演じきれそうですし・・・

 

正直一言で言って天才です(゜o゜;

 

上記のコメントにもありましたが、個人的には映画『SCOOP!』の ヒロイン『行川野火 』役が好きですね(^○^)

 

懸命に『福山雅治』さん演じる破天荒なカメラマン『都城静』に食らいつき、そしてスクープを一緒に撮りながら最終的に恋に落ちる。

 

そんな彼女の役柄と映画の中での福山さんとのベットシーン。

 

下着でヌードにはなっていないのですが、グラビアもやっていただけあって生唾モノのセクシーボディを惜しみなく披露していました(o^^o)

 

一言で言ってとにかくエロい♪(´ε` )

未だに脳裏に焼き付いて離れません(°▽°)

まだ観られていない方は是非ご覧になって観てください!!

 

まとめ

二階堂さんは女優以外でも最近まで、『ナイナイ』の『ゴチ』にレギュラー出演していました。

 

そして先日急遽自ら卒業という形で、番組を降板しましたw

理由としては、これからは『お芝居の方に集中したい』とのことでした。

 

なのでこれからは今まで以上にテレビドラマや映画、そして舞台に精力的に出演されると思います!

 

今後ますますのご活躍を期待しながら、さらに応援していきたいですね♪

 

とりあえずは2018年から始まる大河ドラマ「西郷どん」での「愛加那」役を楽しみに拝見したいと思います(^_^)v

 

今からとても楽しみです(^_−)−☆

それでは今回はこの辺で\(^o^)/

2018年の夏こそは彼氏が欲しい!

夏は花火とか祭りとかイベント盛りたくさんだけど、一緒に行く人がいない(泣)

そんなあなたには日本最大のマッチングサイト「ハッピーメール」がおすすめ♪

 

・女性なら遊びも出会いも無料で簡単登録

・サクラ、迷惑メール等は一切なし

・登録しなくても見れる掲示板、日記は無料で見放題!

・24時間365日対応で安心のサイト運営

・累計登録者数1700万人、12年間の運営実績

 

一昔前と違って、今は本人確認もちゃんとしてるから女性も安心して使えるよ♪

私の地元にも同世代で登録している人がたくさんいてビックリしました。

基本的には男性がお金払うから、女性が無料と言うのも良いところだね^^

>>出会える確率74.5%のハッピーメールを試してみる

スポンサードリンク