ドラマ99.9シーズン2の佐田由紀子役:映美くららとは?演技評価もチェック

皆様お疲れ様です( ^ω^ )

年末を迎え、毎日寒い日が続いています!

東北そして北海道の方では積雪量もすごいですねσ(^_^;)

 

僕は日本の西の方に住んでいますので、そこまでの雪を経験したことはほとんどありませんが、くれぐれも事故や怪我などにはお気を付け下さい!

 

また寒さから風邪をひいたり、体調を崩されたりという方も多くいらっしゃると思いますが、ゆっくり休息を取ってご自愛ください♪

 

それでは今回は、ドラマ「99.9 シーズン2」『佐田由紀子』役「映美くらら」さんにスポットを当てて、ご紹介したいと思います(o^^o)

スポンサードリンク

佐田由紀子役の映美くららとは?

 

《プロフィール》

氏名:映美 くらら(えみ くらら)
本名:本山 麻衣子(もとやま まいこ)(結婚前本名)
生年月日:1979年6月15日(38歳)
出生地:熊本県菊池郡菊陽町
身長:159 cm
血液型:O型
職業:女優
ジャンル:舞台・テレビドラマ
活動期間:1999年〜
活動内容:1999年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2001年:月組トップ娘役就任
2004年:宝塚歌劇団退団、以降女優として活躍。
配偶者:既婚(2015年 – )
事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

《経歴》

幼少のころからバレエ等の芸事を習っていました。

 

「宝塚歌劇」との出会いは『熊本信愛女学院中学校』の修学旅行で、観劇した瞬間、「ここに入ろう!」と決意したそうです!

 

『熊本信愛女学院高等学校』を卒業の後、2度目の挑戦で『宝塚音楽学校』に合格しました♪

 

1997年に宝塚音楽学校に入学、85期生。

1999年4月、『宝塚歌劇団』に入団。

入団時の成績は40人中11番。

同年『ノバ・ボサ・ノバ』で初舞台を踏んだ後、『星組』に配属。

 

可憐な若手娘役として将来性を見込まれ、早くから新人公演及びバウホール公演のヒロインをつとめました(^_^)v

 

2001年、『真琴つばさ』さんの退団に伴い、『月組』に組替えし『紫吹淳』さんの相手役として入団3年目でトップ娘役に就任♪

 

『黒木瞳』さん以降生え抜きのトップ娘役が長く続いた中で、久しぶりの他組出身のトップ娘役でもありました。

 

『紫吹』さん退団後は『彩輝直』さんの相手役となり、2004年の『飛鳥夕映え/タカラヅカ絢爛II』東京公演千秋楽(10月10日付])をもって宝塚歌劇団を退団。

 

宝塚退団後は女優として活動しており、2005年1月には『ナニワ金融道6』でテレビドラマ初出演。

 

2012年1月には『鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記』で日向鈴子(ミヤコ蝶々)役を演じてテレビドラマ初主演(^_^)v

 

2012年 – 2013年に放送されたNHK連続テレビ小説『純と愛』ではヒロインの『夏菜』さんが勤めるホテルの訳あり従業員“セクシーさん”役を演じます!

 

「オフィス設計」イメージキャラクターとして、CMにも出演しました。

 

私生活では、共通の友人を通じて知り合った5歳年上の会社経営者と約1年半の交際期間を経て2015年5月中旬に結婚♪

 

2015年5月19日に結婚が明らかにされました(^○^)

2016年9月15日、第1子妊娠をブログで報告。

2017年3月2日、第1子男児の出産をブログで報告しました(^_^)v


《宝塚歌劇団時代の主な舞台出演》

【星組時代】

2000年、『花吹雪 恋吹雪』 – 茶々

2001年、『花の業平』若葉、新人公演:藤原高子(本役:星奈優里)
※新人公演初ヒロイン

2001年、『ベルサイユのばら2001』小公女/オスカルの少女時代(二役)、
新人公演:ロザリー(本役:秋園美緒)

2001年、『イーハトーヴ 夢』 – 宮澤トシ
※バウホール公演初ヒロイン 月組トップ娘役時代

2001年、東京宝塚劇場『大海賊/ジャズマニア』 – エレーヌ
※ トップ披露公演

2002年、『ガイズ&ドールズ』 – サラ

2002年、全国ツアー『サラン・愛/ジャズマニア』 – 金淑英

2002年-2003年、『長い春の果てに/With a Song in my Heart』 – エヴァ

2003年、『花の宝塚風土記/シニョール ドン・ファン』 – ジル

2003年-2004年、『薔薇の封印』 – リディア/ポーラ/ジェニファー(三役)

2004年、全国ツアー『ジャワの踊り子』 – アルヴィア

2004年、『飛鳥夕映え/タカラヅカ絢爛II -灼熱のカリビアン・ナイト-』 – 瑪瑙
※退団公演


《退団後の主な出演作》

【テレビドラマ】

・ナニワ金融道6(2005年1月3日、フジテレビ)
内田圭子 役

・プリマダム(2006年4月 – 6月、日本テレビ)
三崎レイ 役

・花嫁は厄年ッ! 第4話(2006年7月27日、TBS)
池内美乃 役


相棒(テレビ朝日)

・シーズン6 第10話「寝台特急カシオペア殺人事件!」(2008年1月1日)
根元雪美(根元の妻) 役

・シーズン9 第12話「招かれざる客」(2011年1月19日)
水口君代 役

・警視庁捜査一課9係(テレビ朝日)

・シーズン3 第6話(2008年5月21日)
今泉千恵 役

・season7 第9話(2012年8月29日)
青田ほのか 役


月曜ゴールデン(TBS)

・西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進(13)(2009年1月5日)
下田夏葉 役

・狩矢警部シリーズ(12)(2012年11月19日)
沖麗子 役


・美向上計画〜鈴木凛子、29歳〜(2009年4月6日 – 9月28日、関西テレビ)
鈴木凛子 役

・ママは昔パパだった(2009年8月 – 9月、WOWOW)
有馬みか 役

・ギネ 産婦人科の女たち(2009年10月 – 12月、日本テレビ)
木村明子 役

・いぬのおまわりさん(2010年7月4日、毎日放送)
大久保尚美 役

・霊能力者 小田霧響子の嘘 第3話(2010年10月24日、テレビ朝日)
森野弘子 役

・おみやさん 第8シリーズ 第3話(2011年5月12日、テレビ朝日)
立原佐代子役

・鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記(2012年1月5日 – 3月30日、東海テレビ)
主演・日向鈴子(ミヤコ蝶々) 役

・世にも奇妙な物語 ’12春の特別編「ワタ毛男」
(2012年4月21日、フジテレビ)
土屋奈保 役

・サマーレスキュー〜天空の診療所〜 第1話(2012年7月8日、TBS)
高橋恵 役

・金曜プレステージ「松本清張没後20年特別企画・疑惑」
(2012年11月9日、フジテレビ)
白河静香 役

・連続テレビ小説「純と愛」第79回 – (2013年1月5日 – 、NHK)
天草蘭 役

・水木しげるのゲゲゲの怪談「不死鳥を飼う男」
(2013年8月31日、フジテレビ)
尾崎絹代 役

・特捜最前線2013〜7頭の警察犬(2013年9月29日、テレビ朝日)
明美 役

・プレミアムよるドラマ「黒猫、ときどき花屋」第2話
(2013年10月8日、NHK BSプレミアム)
美穂 役

・白衣のなみだ(2013年、東海テレビ)
山口菜月 役

・科捜研の女 第13シリーズ 第4話(2013年11月7日、テレビ朝日)
長宮茜 役

・新春ドラマスペシャル “新参者”加賀恭一郎「眠りの森」
(2014年1月2日、TBS)
宮本清美 役

・ドラマW「血の轍」(2014年1月19日 – 2月9日、WOWOW)
兎沢瑠美子 役

・木曜時代劇「銀二貫」(2014年4月10日 – 6月5日、NHK)
お広 役

・月曜ミステリーシアター「ペテロの葬列」
(2014年7月7日 – 9月15日、TBS系)
高野千夏 役

・ドラマスペシャル「だましゑ歌麿IV」(2014年9月6日、テレビ朝日)
お里 役

・SAKURA〜事件を聞く女〜 第5話(2014年11月17日、TBS)
市丸光代 役

・破門(2015年1月-3月、BSスカパー!)
多田真由美 役

・マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜(2015年4月14日 – 6月16日、TBS)
山川真美子 役

・紅雲町珈琲屋こよみ(2015年4月29日、NHK)
小宮山真知子 役

・ホテルコンシェルジュ 第4話(2015年7月28日、TBS)
徳永みゆき 役

・僕らプレイボーイズ 熟年探偵社 最終話(2015年9月11日、テレビ東京)
吉崎文香 役

・掟上今日子の備忘録 第1話(2015年10月10日、日本テレビ)
紗流 役

・刑事バレリーノ(2016年1月9日、日本テレビ)
臼島月子 役

・ドルチェの雫(2016年2月12日、NHK BSプレミアム)
鈴木かなえ 役

・螻蛄(2016年2月 – 3月、BSスカパー!)
多田真由美 役

・99.9 -刑事専門弁護士-(2016年4月17日 – 6月19日、TBS)
佐田由紀子 役


【映画】

・昴-スバル-(2009年) – マリコ 役
など、これ以外にも多数出演されています(^_−)−☆

 

スポンサードリンク

佐田由紀子ってどんな役?

『香川照之』さん演じる「篤弘」の妻で、「篤弘」との間に娘がいる専業主婦です。

 

「篤弘」とは対照的に、『松本潤』さん演じる「深山」を気に入っています!

 

料理好きで、佐田家では主導権を握っており、いわゆる『カカア天下』

 

なかなか仕事に出かけようとしない「篤弘」に、掃除機を野球のバットのように構える素振りを見せて脅かしたりする一面がありますσ(^_^;)

 

遺体の写真の載った殺人事件の調書を見ながら平気で食事ができるほど豪胆な女性です!!

 

ドラマではエリート弁護士「篤弘」の唯一頭の上がらない存在であり、「深山」にとっては「篤弘」を利用する際に必要な切り札として、意外に重要な役どころです!!

 

映美くららの演技の評価は?

 

さすが宝塚出身というだけあって、演技に関しては申し分なく、そして「黒木瞳」さんに次ぐムスメ役として活躍されただけあって、容姿に関しても申し分ありませんね!!

 

特に実年齢(30代後半)に見えない若々しさ(20代に見える)とのコメントもあり、美貌もハンパないですね♪(´ε` )

 

しかし宝塚出身の方はオトコ役の人も含め、皆さん若々しく美しい人が本当に多いですね(o^^o)

 

まとめ

「宝塚」という芸能の世界では『超一流のブランド』出身の「映美くらら」さん。

 

安定感のある演技力と美貌を兼ね備え、数々の作品に出演されています!

 

これからもさらに数多くの作品に出演され、ますます注目されていくと思います!!

 

正直これまで「映美」さんの出演されている作品を観たことがなかったのですが、ドラマ「99.9」でその存在を知り、これを機会に特に演技を中心に注目していきながら、個人的に応援していきたいと思います(^_^)v

 

さらなるご活躍を楽しみにしながら、今回はこの辺で\(^o^)/

スポンサードリンク