ホワイトデー職場のお返し4000円〜5000円以内まとめ!おすすめ通販サイトも紹介!

スポンサードリンク

皆様お疲れ様です(^_^)v

たまに1人になりたくて、ネットカフェに行くのですが、ホント便利ですね!

最新の映画やコミックを観ることができ、おまけにフリードリンクですごく居心地がいいです。

 

ついつい長居してしまって、料金を見てビックリすることがありますσ(^_^;)

皆様はご利用されていますか?

まだの方はホントオススメです(^_−)−☆

 

それでは今回は、「ホワイトデー」での『4000~5000円以内』のお返しにスポットを当てて、ご紹介したいと思います♪

スポンサードリンク

職場ホワイトデーのお返しは何がおすすめ?

お返しの金額が「4000~5000円以内」で、職場でのお返しとして何が喜ばれるでしょうか?

やはりここでも『消えもの』つまり『食べもの』がいいですよね(^○^)

 

ひと昔前は「ホワイトデー」のお返しと言えば、『クッキー』や『キャンディー』が主流でしたが、現在は「バレンタインデー」と同じく、『チョコレート』の贈りものが人気のようです(o^^o)

 

ただ贈りものそれぞれに意味があって、

『クッキー』は『良いお友達でいましょう』

『キャンディー』は『あなたのことが好きです/付き合ってください』

『マカロン』は『あなたは特別な人です』

だそうです♪(´ε` )

 

知らずに義理で『キャンディー』を贈っていたら、誤解を招いていますよねσ(^_^;)

それも低価格のものなんか贈った日には大恥ものですw

 

そういったことも踏まえて、贈る対象者と価格をしっかり吟味する必要がありますよね(^_−)−☆

 

そこで今回は「4000~5000円以内」の予算で、職場の皆さんで召しあがれる『ショコラ』や『クッキー』などの詰め合わせを中心にご紹介したいと思います(o^^o)

4000~5000円以内でおすすめ5選

《ドライケーキ(22個入)》

>>販売ページを見てみる

価格:4,212円(税込)

『クッキー』と『リーフパイ』の詰合せです!

『フレッシュバター』を使用し、人工の香料、保存料を使用せず、材料本来の風味をいかすように心掛けて焼き上げた『クッキー』の詰合せです(^_^)v


《プティ・タ・プティ・アソート》

価格:4,320円(税込)

>>販売ページを見てみる

『クッキー』や『マドレーヌ』の詰め合わせです(^_^)


《バトネプラリネ ギフトボックス》

価格:4,644円(税込)

>>販売ページを見てみる

カリカリとした食感をお楽しみいただける、3種類の『バトン状プラリネ』の詰合せ。

軽やかでカリカリ、サクサクとした食感をお楽しみいただける『バトン状のプラリネ』を、贈りものに最適なエレガントなボックスに詰め合わせました(^_^)v


《ガトーフェスタハラダ グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート 中缶 W1》

価格:4,580円 (税込)

>>販売ページを見てみる

フランスでは、お茶会のことを「グーテ・デ・ロワ」(王様のおやつ)といい、ぜいたくで楽しいこととされています。

 

フランス人の思想や技術は遠い昔から料理に生かされ、料理が九番目の芸術と称されているように、『ガストロノミー(美食学)』がフランス文化に大きな影響力を持っていることがうかがえます。

 

保存料を一切用いない『フランスパン』は「小麦の味を賞味するもの」といわれるほど芳ばしい香りの美味しさです!

 

長い食文化の歴史が無言の内に感じられるパリパリとした表皮と気孔を特徴とするフランスパンより作った「グーテ・デ・ロワ」のフランス食文化の香りを心ゆくまでお楽しみください♪

 


《GODIVA コフレゴールド 10粒 「並行輸入品」 【2箱】》

価格:4,870

>>販売ページを見てみる

高級チョコレートブランド「ゴディバ」の高級チョコのアソートです(^_^)v

スポンサードリンク

おすすめの通販サイトは?

「ホワイトデー」での「4000~5000円以内」の贈り物を購入するのに際し、おすすめの通販サイトとしては「髙島屋オンラインストア」「楽天市場」「amazon」などがあります♪

 

上記のおすすめ5選で紹介した『ドライケーキ』『プティ・タ・プティ・アソート』『バトネプラリネ ギフトボックス』「髙島屋オンライン」

『ガトーフェスタハラダ グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート』「楽天市場」

 

最後の『GODIVA コフレゴールド』「amazon」での購入がおすすめです(^_−)−☆

まとめ

「ホワイトデー」の始まりとしては諸説あります!

その中で銘菓『鶴乃子』で知られる「石村萬盛堂」という、福岡の老舗のお菓子屋さんが、”マシュマロデー”として売り出したのが最初という説。

 

または、『全国飴菓子工業協同組合』が3月14日は「キャンデーを贈る日」と定め、後にその名を「ホワイトデー」に変えたという説などいくつかあります。

 

なぜ「ホワイトデー」と名づけられたかというと、「ホワイト」は『純潔のシンボル』でもあること。

そして、昔から『白蛇』など白い動物は”神様の使い”だとも言われているように、「幸福を呼ぶ・縁起が良い」という意味にあやかったようです。

 

そんな「ホワイトデー」の日に、「バレンタインデー」のお礼だけでなく、日頃の感謝の気持ち、そして本命の人に対しては、「純潔」の心で「バレンタインデー」での『告白』に対しての真摯な『返事』の出来る貴重な日だと思います♪

 

今年もそんな「ホワイトデー」を楽しまれてみてはいかがでしょうか?

きっと特別な日になると思いますよ٩(^‿^)۶

それでは今回はこの辺で\(^o^)/

スポンサードリンク