音フェチスライムの簡単な作り方は?おすすめの100均の材料もご紹介!

スポンサードリンク

癒しの時間に最適グッツとして最近SNSでも話題のスライムですが、

今回は聞いたら脳がとろけそうになるくらい気持ちいい音をプラスした

音フェチスライムの作り方を調べてみました!!

この寒い冬にはコトツと音フェチスライムでまったり癒されましょう(´▽`)

スポンサードリンク

音フェチスライムの簡単な作り方は?

まずは基本となるスライムを作っていきますが、材料はたったの3つ!

・作りたい量の洗濯糊

・水(柔らかくする時は多め)

・ホウ砂水(お湯で溶かす)

ボールなどに洗濯糊と水を混ぜたら、(スライム自体に色をつけたい方は、

ホウ砂水を入れて固める前に絵具や着色料などで色付けされることをおススメします。)

そこに少しずつお湯で溶かしたホウ砂水を入れては混ぜ混ぜ。。。

自分好みの硬さになるまで繰り返します!!

ある程度まとまってきたら手で触感を確認しながら混ぜ混ぜ。。

手にくっついてこなくなったら完成です(´▽`)

天使くん
  最初の段階で❝ボンド❞を入れておくと

伸びるスライムになるようです!!

ただ、百均でも「ふしぎなクリアジェル」が売っているようなので、

時間がない方はそれでも代用可能でーす。

お色はピンクやブルーなどもあって、気分によって選ぶのもOK!!

これだけでもシンプルな音を楽しめますが、今回はこの基本スライムに

色んなものをプラスしていきたいと思います!!

スポンサードリンク

おすすめの100均の材料は?

出来上がった基本スライムに、音となる素材を入れていくのですが。。

おススメはこちら↓↓

①インテリアカラーミニストーン

②ペレット

③ビーズ

どれも100均で用意できるので、お安く作れると思います(´▽`)

スライムの量と入れる材料のバランスを見ながら少しずつ足していきますが

ポイントは、ケチらずにたくさん入れること(笑)

早速、仕上がりの音を聞いてみて下さい↓↓

ジャリジャリ感やパチパチ感がたまりませんねー!!

また、少し大きなビー玉やおはじきを入れてる方もいらっしゃいましたが、

ガラス製品は大きくなるほどスライムとのくっ付き具合いが弱くなるようなので、

出来るだけスライム馴染みが言い素材を混ぜることがポイントのようです!!

たくさん色んな種類を入れれば、見て楽しむことも出来そうです!!

 

ワンランク上のスライムは?

せっかく手作りでスライムを作られる方は、ビーズなどを入れる前のスライムに(市販品でも可)

ハンドソープやシェービングフォームを混ぜると、

ふわふわ触感で伸びの良いスライムがつくれるようです♡

 

入れるものや色によって、色々な楽しみ方ができそうですね~(´▽`)

色んな組み合わせを試してみて自分流のベストスライムを作って、

これからの季節を乗り切りましょう!!

スポンサードリンク